【東京マラソンチャリティ2017用】ランナーメッセージ

横田 一詩さん(東京都)
学びたいと臨んでいる子供達が一人でも多く教育をうけられるように。楽しんで走ります。
横田 淳さん(東京都)
少しでも生活困窮の子供達の役に立てればと思い参加させていただきました。
堀井 勇太さん(東京都)/認定NPO法人カタリバ(東京都)
足立区の子ども達と一緒に新たな「居場所」を創ります。「走れメロス」は嫌いです。なんだかもうテンションが。。「長距離走者の孤独」はちょっと好き。反骨精神がロック。「ラン・ローラ・ラン」は好きです。人生テクノ!「ボーイズ・オン・ザ・ラン」は大好きです。全力ってかっこ悪くてもかっこいいから。今回は僕自身が走ります!全力でやりたいから。
今村 亮さん(東京都)/認定NPO法人カタリバ(東京都)
子どもたちの未来のため、東京をひとつにつなぐランナーになりたい!東京は忙しい。東京はバラバラです。でも東京マラソンのこの日だけは、子どもたちの未来のために、街がひとつになったらいいなと思います。東京のどこかすみっこで孤独を抱えている子どもたちのために。この日、東京を完走します。
みすずさん(神奈川県)
ありがとうの気持ちがたくさんの人に伝わるように、チャレンジしたいと思います!
私は岩手県の大槌町出身です。震災で失ったものは多いけど、得たものもあります。コラボスクールに通えたこと、たくさんの方々に出会い応援されたこと、そして今回このような機会を頂いたこと、すべて震災から得たものです。支援してくれた方々とカタリバへの感謝の気持ちを込めて、精一杯走ります!
中村 彬裕さん(東京都)
足立区に子どもたちが学べる居場所を作ります。寄付にご協力お願いします!
素敵な先輩たちが走るなら、僕もぜひ一緒に走りたいです。カタリバ学生インターンとして、体を張っていきます。自分のために、誰かのために。一生懸命走りたいです。
山川 大貴さん(神奈川県)
東北の震災後に支えてもらったから、今度は東京の子ども達を応援するために走ります。5年前の震災で、13歳だった僕の家も津波で流されました。でも女川町にカタリバが来て勉強するための居場所ができて本音で話せる兄貴のような大人と出会えたから、今の僕がある。大学生になった今、今度は困っている子ども達を支援したい。だから今回走ることにしました。応援よろしくお願いします!
林 曜平さん(東京都)
「自分もやっていいんだ」と思えるキッカケをつくりたい。
誰かからの何気ない一言だったり、ほんの少しの挑戦によって、子どもが変わって行く姿をカタリバに入ってからたくさん目にして来ました。同じ団体の職員として少しでも力になりたいので、チャリティーランナーに挑戦します。
_MG_5028_R

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。