ご支援者の声

ご寄付をお寄せくださったサポーターの皆さまの一部をご紹介しております。
カタリバの活動は、皆様の温かいご支援により可能となります。
改めて感謝申し上げます。

ナナメの関係は、教育でも企業でも重要なキーワードに

坂口慶樹 様

新日鉄住金エンジニアリング株式会社

「これは応援しなければならない!」今村さんのお話を初めて伺った時の、身体からの内なる声でした。特に「ナナメの関係」からの支援の重視が印象的でした。

詳しくはこちら

大学生・高校生の真剣な姿を応援したい

宇高香織 様

 

高校生に真剣に話しかける大学生、涙する高校生。最初にカタリバを知ったのは高校生への真剣な大学生達の姿でした。

詳しくはこちら

カタリバのビジョンは、日本を再生してくれる

石田明 様

73歳現役経歴50年のカタリバ応援団員

人材を育てることこそ、天然資源の少ない日本に残された道であり、次世代の人材を育てるためには、まずキャリアに対する動機付けが大切です。カタリバの活動に共感し、私は2009年の夏から応援しています。

詳しくはこちら

キャストを卒業しても、応援し続けます

豊島睦子 様

CDA(キャリア・ディベロップメント・
アドバイザー)

人生で何回、本気で人と向き合い話ができるのでしょうか。人生で何回、本気で相手の事を考え行動できるのでしょうか。カタリバのキャストを通じて「自分から逃げないこと」の大切さを実感しました。

詳しくはこちら

世界に誇れるカタリ場の力

池上淳一 様

千葉県立船橋啓明高等学校

カタリ場のキャストたちは、初対面の生徒の本音や新たな目標をいとも簡単に引き出してしまう。カタリ場には、真剣な対話、生徒の目の輝き、約束後の笑顔が会場全体にあふれている。無関心だった生徒が少しずつ心を開き、自分のことを語り始める。そんな奇跡に何度も遭遇してきた。

詳しくはこちら

自分が出会えた「きっかけ」を生徒にも届けたい

朽木夢 様

写真館

カタリ場は、大学生だった私にも一歩踏み出す勇気をくれました。消極的だった私がキャストとして参加していくうちに、いつの間にか人前で語れるようになっていたのです。本気で語れるのは、受け入れてくれる環境があるからです。高校生達にもそんな心地よさを感じてもらいたい。

詳しくはこちら

ナナメの関係を心から応援しています

舘山丈太郎 様

独立行政法人国際協力機構(JICA)

「知らないことは選べない。」私は大学卒業以来、高校生の進路選択の幅を広げるようなことをしたいと思っていました。カタリバに出会い、自分がずっとやりたかったこと、いやそれ以上のことをしているカタリバに魅了され、応援させていただいています。

詳しくはこちら

“心の宝物”を再確認する機会を与えてくれる

野々垣みどり 様

株式会社エマージェンス代表取締役

私たちは、それぞれに大切にしている“心の宝物”を持っています。でも、曇って見えなくなってしまったり、存在すらしていないように感じてしまったりする時があります。そんな時、再確認をする機会を与えてくれるのがカタリバです。

詳しくはこちら

日本の将来を担う子どもたちに何か残していくというのは、使命感に近いものがあるのかもしません。

佐治恵子 様

私の世代は高度経済成長期を過ごしたので本当に恵まれていた世代だったと思います。しかし今は当時と全く異なっている状況です。
そんな中、日本の将来を担う、今の子ども達が生きやすいように何か残さなければという使命感に近いものがあるのかもしれません。

詳しくはこちら

応援メッセージ

お申し込みはこちら

未来を創る「毎月の寄付」

毎月1,000円からご支援いただく、サポーター会員です

毎月の寄付をする

今を助ける「今回の寄付」

ご都合の良い時に、ご自由な金額を寄付いただきます

今回の寄付をする

_MG_5028_R

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。