組織体制

事務局では、フルタイムの職員と学生インターンを中心に、教育活動を安定的・継続的に届けられる体制を整備しています。

組織図

カタリ場事業部と東北復興事業部と2つの事業部門が教育活動を行い、広報・ファンドレイジング部と経営管理部がこれらを支える基盤としてマーケティング・資金調達や財務・経理・人事などの業務を行っています。

活動拠点

活動場所は、東京都(杉並区・文京区)のほか、宮城県(女川町)・岩手県(大槌町)、そして島根県(雲南市)と5つに分かれています。部門間・拠点間で有機的に連携をとりながら、理念「『生き抜く力』を、子ども・若者へ」と、クレド「カタリバの約束」のもと、自律・分散・協調をコンセプトに運営しています。

本部
(東京都杉並区)

女川向学館
(宮城県女川町)

collabo_02

大槌臨学舎
(岩手県大槌町)

collabo_02

b-­lab(ビーラボ)
(東京都文京区)

b-lab

おんせんキャンパス
(島根県雲南市)

b-lab

_MG_5028_R

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。