クレド

about_04

クレド「カタリバの約束」は、職員や学生リーダーなどNPOカタリバで働くスタッフが活動のうえで基づくべき行動指針です。すべてのスタッフが共通の価値基準によって行動することで、社会に最大限の価値を提供できるように、創業以来大切にしてきた価値観や、受け継がれてきた良き伝統などを明文化しました。

1.コミュニケーション

可能性を信じる

相手の可能性を、心から信じよう。
私たちは、“きっかけ”を届け、主体性を育むプロフェッショナル。
対話から生まれる創発を信じて、目の前の一人ひとりと向き合おう。

共に学ぶ

どんな相手にも敬意を払おう。
共に教え合い、学び合う。「半学半教」の精神を大事にしよう。

相手のために

「相手のために何ができるのか?」を本気で考え抜こう。
自分たちを待つ“誰か”のために、全力を尽くそう。

場づくり

進んで挨拶をしよう。感謝を率先して伝えよう。
気持ちの良い“場”を、自ら日常的に創り出そう。

2.成長

言葉に追いつく

相手に投げかけた言葉を、自らは実行できているか?
自分の言葉に追いつこう。

持ち場

責任を伴ったコミットメントが、何よりも成長を生み出す。
まずは、自らの持ち場を100%やりとげよう。

憧れ

“憧れ”を見つけることが、成長を加速させる。
今度は自分が、「こうなりたい」と思われる存在となろう。

3.チャレンジ

当事者意識

課題を発見したら、誰もが手を上げられる。
一人ひとりが“当事者”として、チャレンジの機会を掴みにいこう。

生き抜く力

困難な環境も、能力以上の仕事も当たり前。
それらを意志と工夫で乗り越えるのが、カタリバを選んだ意味。
一人ひとりが「生き抜く力」を体現する存在でいよう。

先駆けに

組織のあり方や働き方は、現在の常識にとらわれない。
「20年後の当たり前」に向けた先駆けとなろう。

4.コラボレーション

両立思考

生徒、クライアント、ボランティア、寄付者、そして社会全体。
さまざまなステークホルダーの期待を、両立できる解を見つけ出そう。

巻き込み力

一人ひとりが、より良い社会を実現するための同志。
想いを伝えて共感を生み出し、周りを巻き込んでいこう。

チームワーク

組織を頼らない、自立した“個”であれ。
だからこそ、仲間を信頼して仕事を任せよう。

一緒に創る

あらゆる社会の構成員を、教育の担い手とするために。
異なる立場の相手を尊重して、一緒に仕事を創り上げよう。

5.イノベーション

一歩踏み出す

新しい価値を創り出すため、失敗は“必要経費”。
まずは一歩踏み出そう。小さな実験を重ねよう。

走りながら考える

社会も、カタリバも絶えず変化する。
そのスピードに振り回されず、変化を楽しもう。
熱い想いを大事にしながら、冷静な検証を必ず行おう。

視野を広げる

遊びやユーモア、異なる世界との出会いから、イノベーションは生まれる。
継続的に社会へ価値を届けるために、外の世界へ進んで飛び込もう。

6.未来へ

サステナビリティ

目の前の仕事は、子どもたちの10年後にとって価値あるものか?
迷ったときは、彼らが大人へと成長した社会を思い浮かべよう。

バランス感覚

未来で待つ子どもたちのため、その活動は続けられるのか?
適正なコストと対価を意識して判断しよう。

未来は創れる

何も無いところからでも、未来は創り出せる
仕事の枠組みを自ら定義して、一つずつ問題を解決していこう。

IMG_0324 (1)

【参加者募集!】3.11から熊本へ「カタLIVE」開催!@東京・高円寺

6/25(土)15:00~16:30に、5年経った東北の現状、5年間の活動を通して見えてきたこと、今、熊本に生かせることをお伝えします。