Q&A

「NPOで働く」ことについて、これまで面接でお話しした方などから、たくさんの質問をいただいてきました。 私たちと志を同じくする人材に入社いただき、思う存分に価値を発揮してもらうために、カタリバでは多くの工夫をしています。試行錯誤をしながら運用している人事制度の紹介も交えて、よくいただく質問にお答えいたします。

Q

求める人物像について

部署などによって重視する能力・適性などは異なりますが、共通して大切にしているのが、基本的な価値観を私たちと同じくすることです。
カタリバには、「カタリバの約束」というクレドがあります。すべてのスタッフが同じ志のもと、共通の価値基準によって行動できるように、創業以来一人ひとりが大切にしてきた価値観や、受け継がれてきた良き伝統などを明文化した20項目の行動指針です。入社を検討される方は、ぜひこちらからご一読ください。

Q

給料について

給料は、入社時に能力・経験をもとに給与テーブルにもとづいて決まります。募集案件ごとに条件を記載のうえ、面接のなかでお話しのうえ定まります。
また昇格・昇給者は、四半期に1度の査定で決定。賞与は年に1度、業績に応じての支給を予定しています。多くの企業と比べると高くない給与水準ですが、ほとんどの職員が専業で生活しています。
今後は、ライフステージの変化等に伴ってカタリバで働くことを断念する職員が生まれないようにも、徐々に給与水準を引上げることを目指しています。組織に頼るばかりではなく、「自らの給料は、自分で上げる」という意志をもった方の参画をお待ちしています。

※賞与は過去3年間は支給していますが、年度ごとの業績によって支給額・可否は未定です

Q

評価制度について

職員は年度初めに目標を設定。四半期ごとにその進捗を確認のうえ、上長との面談によってフィードバックを受けるとともに、昇給・昇格も決定します。
カタリバで大事にしているのが、PDS(Plan Do See)を回す習慣です。変化が速い事業環境だからこそ、そのスピードに振り回されずに、立てた計画の結果を検証して、軌道修正していきながら目標を達成するプロセスを大切にしています。

Q

職場の雰囲気について

厳しく成果を追い求めつつも、スタッフの誕生日にはケーキと寄せ書きで祝うなど、温かで家族的な雰囲気が特長です。

Q

休日・勤務時間について

週休2日制をとっています。基本的には平日出勤・土日休みですが、児童・生徒への授業やボランティア・スタッフへの研修などによっては、土日に出勤いただくこともあります。(その場合は、振替休日を取得いただきます。)
また、東京勤務のスタッフは10:00〜19:00を、東北勤務のスタッフは13:00〜22:00を定時としています。

Q

労働環境について

決して潤沢とはいえない人員で、困難な社会課題にチャレンジしているのが、カタリバの正直な現状です。
そのなかでも、個々の想いや献身だけに頼らず、継続的に社会へ価値を提供するために。一人ひとりが主体性をそなえ創意工夫をしながら、”ワーク”と“ライフ”をバランスさせることを目指しています。 業務を改善・効率化して労働時間を短縮するため、「働き方革命」プロジェクトも立上げました。サステナブルに働ける環境をつくることを、組織全体として目指しています。

Q

キャリア・資格について

カタリバが社会に最大限の価値を発揮するためには、一人ひとりが教育や人材育成などの専門的スキルをそなえ、質の高いサービスを提供することが不可欠です。プロフェッショナルとしての自立を目指す個人のチャレンジを、組織としては、費用対効果をみながら最大限に応援しています。 そのため、業務のうえで必要と認められた資格の取得や研修の受講等には、カタリバが一部または全部の費用を負担しています。

_MG_5028_R

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。