企業・財団として、支援・協働する

資金の寄付・助成はもちろん、社員の方の授業へのボランティア参加や職場訪問の受入など、さまざまな形でCSR活動との協働をしてまいりました。

ご支援の対象

コラボ・スクールとカタリ場、それぞれの活動に企業からご支援をいただいています。

被災地の子どもたちを支援

about_01

被災地の放課後学校「コラボ・スクール」へのご支援。津波で家を流された子どもたちへの学習支援を続けるためには、1校で年間6000万円の資金が必要です。
about_04

高校生のキャリア教育を支援

about_01

キャリア学習プログラム「カタリ場」へのご支援。予算の少ない公立高校へ通う高校生に、将来を考えるきっかけを届けるためには資金が不足しています。
about_04

社員のご参加

たくさんの大人たちが、「教育の担い手」として参加する社会をつくる。このような想いをもつ私たちは、ご支援いただいている企業の社員の皆様にご参加いただく形での連携を、これまで多く行ってきました。

授業へのボランティア参加

about_01

カタリ場のキャストとして、ご参加いただいています。またコラボ・スクールでも、休日に行われる特別ワークショップに参加いただいています。

職場見学の受入

about_01

中高生に職場体験を受け入れていただいたり、社員の方と仕事やキャリアについて語り合うワークショップにご参加いただくケースもあります。

募金活動への参加

about_01

チャリティ・イベントの開催や商品の販売やなどを通じて、社員の皆さまが手作りで寄付を集めていただいた事例があります。

社員の方にとって教育活動への参加は、自身のキャリアを見つめ直す研修としての機能、また仕事へのモチベーションを高める機会となります。また、教育や子どもに関わるお仕事をしている方にとっては、生徒・児童の「生の声」に触れることで、間接的に企画に役立つケースもあります。

_MG_5028_R

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。