西日本豪雨で被災した子どもたちを、ふるさと納税でご支援ください!

■ご寄付について
今回、ふるさと納税でいただくご寄付は、岡山県小田郡矢掛町を通じて、2018年7月に発生した西日本豪雨で被災した高校生を支援する「西日本豪雨災害応援プロジェクト」の活動費用に全額活用させていただきます。

■カタリバについて
カタリバは、2001年の設立より「どんな環境に生まれ育っても未来をつくりだす力を育める社会」を目指し、全国で活動を行っています。おかげさまで、これまで約24万人の高校生にキャリア学習を、被災地の子どもたちのべ約2,700人に学ぶ機会と心のケアを届けてきました。

この度、団体として初めて、ふるさと納税を通じたご寄付の受付を行っています。ふるさと納税とは、応援したい自治体にご寄付をすることで、税金の控除を受けることができる国の制度です。控除上限額内で寄付を行っていただくと、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

▼支援内容や取り組みについて
認定NPO法人カタリバ 矢掛町ふるさと納税担当
フリーダイヤル:0120-130-227(平日9:30〜17:30/携帯・PHS可)
※お振り込み用紙をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。お振り込み用紙ご希望の旨とご住所を必ずご記入ください。
※控除上限額に関するお問い合わせは、大変恐れ入りますが、お住まいの市区町村やお近くの税理士へお問い合わせください。

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。