アダチベース~NPOの新拠点のインターンを募集~

複雑な家庭環境、貧困、孤独、発達の課題など…東京という無縁社会の中で様々な課題を抱えた子どもたちが、安心して学び集える「安全基地」を、足立区に一緒につくりませんか?2018年4月、新拠点立ち上げのためインターンを募集しています!まずは説明会に応募ください。

DSC_0195

 

カタリバの挑戦 ―子どもの貧困―


平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によれば、日本の子どもの貧困率は13.9%に上ります。この数値は「子どもの7人に1人が貧困状態にある」ことを示しています。さらに、ひとり親世帯においては、子どもの2人に1人が貧困状態にあると言われています。

足立区は27年度を「子どもの貧困対策元年」と位置づけ、「予防する、連鎖を断つ」に主眼を置き、リスクの高い家庭への支援・子どもの健全な成育環境の担保を目的とした施策に力を入れています。

カタリバが足立区と出会ったのは2015年9月のこと。貧困対策課を訪問し、「困難を抱えた子どもたちに対する居場所と学習支援事業」をご提案させていただいただいたのが始まりです。それから幾度も話し合いを重ね、翌年8月より子どもたちの安全基地「アダチベース」をスタートさせました。

そして、さらに多くの子どもたちに安全基地を届けるため、2018年4月より2拠点目をオープンすることになりました。

目指しているのは、子どもたちにとっての「もう一つの家」。
安心して利用できる居場所と勉強部屋と食事を用意することで、彼らの自立する力を育んでいます。

様々な生きづらさを抱える子どもたちに「安全基地」を届けたい。
「福祉」の問題を「教育」から解決するカタリバの新たな挑戦に賛同し、一緒にチャレンジする仲間を募集しています。

こんな人にオススメ

・大学ではできない経験を通じて、成長したい
・新たなチャレンジをしてみたい
・教員試験を目指しており、いろんな教育現場で経験を積みたい
・ビジネススキルやコミュニケーション能力を伸ばしたい
・子どもの発達や成長に関心がある
・就活前にひとつのことに集中して取り組みたい
・何か熱中できるものを探したい
・福祉や心理の現場を経験したい
・0から1をつくりたい

得られる経験

・困難を抱える子どもたちの未来の可能性を広げる経験
・個々人の長所を活かし、子どもの成長と自立を支える経験
・刻々と変化する環境の中で、新たな仲間と事業を立ち上げていく経験
・0から1を創り上げるための、ロジックの立て方と仮説検証の試行錯誤
・ソーシャルベンチャーの第一線で活躍する上司とのプロジェクト経験

フォロー体制

◆メンター制
対話を大事にした職場と人材が成長できる組織を目指し、ソーシャルビジネスの第一線で働く上司との面談を行っています。
元教員やビジネスセクター出身のスタッフとともに、活動や生活の相談を気軽にできる体制を作っています。

◆活動支援金制度
カタリバでは学生のインターン生が多く活躍することから、皆さんがよりよく活動できる環境のために
・交通費
・活動に関わる支援金
を活動や期間に応じて支給しています。

活動内容

2018年4月の2拠点目オープンを目指し、現在、立ち上げ準備を進めています。これからつくる安全基地。安心と自信を手に入れながら、子どもたちが自立していくことができる、家でも学校でもない第3の居場所づくり。”安全基地”を構想し、立ち上げ、運営するスタッフを募集します。
教育視点と福祉視点の間を行き来しながら、 様々な困難を抱える子どもたち(主に中学生)に対して、 学習支援や体験プログラムの企画・運営など、日常的に関わる活動を担当していただきます。

(1)新拠点立ち上げ
生徒募集、行政とのやり取り、事務作業等、スタッフ同士で議論しながら、4月のオープンに向け活動します。

(2)居場所づくり
スタッフとの対話を通した関わりを通じて心の基盤となる安全基地としての居場所を提供し、状況に応じて段階的な支援を行います。

(3)学習支援
「続ける」「分かる」などの小さな成功体験を重ねながら、学習習慣を形成するための「自習室運営」・ICT教育を活用し、少人数クラスで行う「授業運営」・学習意欲を高め、効率の良い学びを習得するための「認知カウンセリング」などを実施しています。

(4)体験プログラム
ものづくり・スポーツ・音楽・家庭菜園など、 地域の人たちや他団体などを巻き込みながら、子どもたちに多様な体験機会を届けるための体験を企画・実施します。

 

上記活動に加えて、ボランティアの募集・マネジメント、行政や学校等、地域との連携推進・コーディネート、地道な事務作業など…適性に合わせたミッションをお任せします。

アダチベースはこれからつくっていく安全基地。決まったカタチはありません。すでにあるものをこなすのではなく、走りながら考え自分でつくっていくことを楽しめる方をお待ちしています!

■インターン生の声:1
「悔しくて涙が出た。それでも僕がインターンを続けた理由」 ”子どもの貧困”と向き合う大学3年生・あっきーの場合:中村彬裕さん
■インターン生の声:2
まるで大きい家族のような温かい雰囲気の中で、子どもたちの居場所を創りたい:平田愛里さん

アダチベース

形態 インターン
活動内容 居場所づくり・学習支援・イベント運営など
活動場所 東京都足立区 スカイツリーライン沿線
期間 6ヶ月以上 ※柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
活動日数 週3日程度 ※学校やお仕事との調整は応相談
活動時間 シフト制
①15:00〜22:00
②13:00~22:00
③ 9:00~18:00
※上記は活動例。フレキシブルに対応しています。
なお、学校の長期休みなどは変則シフトとなります。
活動支援金 有り
※お任せする活動の難易度や必要な時間数に応じて活動支援金は変わります。
※交通費支給
応募資格 大学生以上、社会人第二新卒まで
募集期間 随時
採用予定人数 3名
選考プロセス 書類選考後、面接、場合により実地試験あり
※遠方在住の方はSkypeで1次面接を行います。
※面接は平日遅い時間帯でも対応可能です。

短期的な関わりをご希望の方はボランティアとしての参加も可能です!
こちらよりボランティア説明会へお申込みください。

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。