子どもへの寄付の形〜寄付金以外の方法〜

子どもたちに届く「新しい寄付の形」

子どもたちへの支援の形は、寄付金だけだと思っていませんか?

実は、子ども支援の形は寄付金だけではありません。

カタリバでは「寄付金以外の支援の形」を模索し、様々な民間法人企業さまの協力を得ながら子どもに対する新しい寄付の形が出てきています。ここでは、そんな「子どもに届く新しい寄付の形」についてご紹介したいと思います。

期間限定メニューを食べて子どもへ寄付

期間限定メニューをお店で注文することで、間接的に子どもへ寄付をすることができる取り組みがあるのをご存知でしょうか。全国441店舗(国内 348店舗、海外 93店舗)を展開する「大戸屋ごはん処」と千葉県浦安市美浜にある「オリエンタルホテル」で限定メニューを注文することによって寄付できる新しい取り組みにご協力いただきました。

大戸屋ごはん処〜1食あたり20円の子どもへの寄付〜

大戸屋ごはん処(株式会社大戸屋様)では、2017年1月27日〜3月31日までの期間、限定メニューを食べると1食あたり20円の寄付を被災地の子どもたちに学習支援などを行っているコラボ・スクール事業にいただいていました。

◆2018年も同様の食事での子どもへの寄付を実施いただくことになりました。

オリエンタルホテル(千葉)〜1食あたり1000円の子どもへの寄付〜

千葉県浦安市美浜にあるオリエンタルホテルでは、2016年2月15日(月)~3月18日(金)の期間限定で、募金1000円をしていただくと、大人1名につきお子様1名分(4歳~小学生以下)のランチブッフェまたはディナーブッフェの食事料金を無料とするキャンペーンを行っていただきました。

このキャンペーンによって、484,000円の募金が集まりカタリバに寄付いただきました。

このような寄付キャンペーンを行っているレストランや食事処で外食することで、美味しい食事だけでなく子どもたちを支援することができます。

ブックカバーを買って子どもへ寄付

紀伊国屋〜ブックカバーを買って子どもへ寄付〜

読書家にとって、ブックカバーは読書の時間を共にするパートナーのような存在。そんなブックカバーを購入することで、子どもたちへの寄付を行うことができるフェアが開催されました。

全国に70店舗以上を持つ総合本屋「紀伊国屋」では、”ドン・ヒラノ製のブックカバーを買って子どもへ寄付しよう”というチャリティフェアを期間限定で行っていただきました。(この取り組みは2017年2月1日~5月31日で終了しております)

このチャリティフェアでは、ブックカバー売上の10%を紀伊國屋書店およびドン・ヒラノの両社で被災地の子どもたちへ共同寄付していただきました。

宿泊ポイントで子どもへ寄付

コンフォートホテル~ホテルに泊まって子どもへ寄付~

全国80箇所以上にコンフォートホテルを展開する株式会社チョイスホテルズでは、Choice Guest Club(チョイスゲストクラブ)」という寄付プログラムを運営していただいています。会員になっている10万人の宿泊代の0.5%を社会貢献団体に寄付されています。

この寄付プログラムによって、2017年5月17日、カタリバを含む3つの団体は、株式会社チョイスホテルズから総額450万円の寄付をいただきました。

ファッションアイテム断捨離で子どもへ寄付

FASHION CHARITY PROJECT〜ファッションアイテムで子どもに寄付〜

ファッションチャリティープロジェクト(FASHION CHARITY PROJECT)とは、ファッションの通販サイトを運営する株式会社wajaが行っている「ファッションアイテムの寄付とお買い物で社会貢献できる通販サイト」を指します。

いらなくなったファッションアイテムをファッションチャリティープロジェクト(FASHION CHARITY PROJECT)に寄付することで1回あたり390円の寄付が行えます。

年末年始の大掃除や引越しのとき、衣替えなどのタイミングで断捨離をするついでに、子どもたちへの寄付を行うことができます。

生ビールを飲んで子どもへ寄付

恵比寿麦酒祭り〜ビールを飲んで子どもへ寄付〜

東京都の恵比寿駅にある恵比寿ガーデンプレイスで毎年行われる「恵比寿麦酒祭り」では、販売される生ビールの売り上げの一部が被災地の子どもたちが学習支援などを受けられる放課後学校「コラボ・スクール」に寄付されます。

2017年は9月13日〜18日に開催された「恵比寿麦酒祭り」は、開催時期が毎年変動します。事前に確認の上、生ビールを楽しみながら寄付に参加いただければ幸いです。

金融業開初!FXしながら子どもへ寄付

インヴァスト証券株式会社〜FXで子どもへ寄付〜

インヴァスト証券株式会社が行っている社会貢献ポイントプログラム「インヴァスト ミッションプロジェクト」の寄付先としてカタリバが参加させていただいています。

寄付の仕組みは、インヴァスト証券株式会社の提供するFXサービスの取引で付与されるポイントを認定NPO法人に寄付したり、社会貢献を支援するグッズと交換できるものです。このプログラムは2017年1月3日(火)~2017年11月30日(木)までとなっています。

「インヴァスト ミッションプロジェクト」によっていただいた寄付は、福島に住む高校生の放課後学校での学習支援や居場所づくりに活用させていただきます。

本・DVD・ゲームなどを東日本大震災の支援活動資金として寄付

株式会社バリューブックス〜本などの買取金額(10%UP)を指定団体へ寄付〜

不要になった本・DVD・ゲームをダンボールに詰め、ご寄付される団体の申込書をプリントアウトし、ご記入の上、本と一緒に入れるだけで、認定NPO法人カタリバが運営する被災地の放課後学校「コラボ・スクール」の活動資金として寄付することができます。

【2018年2月12日~3月18日】は「ギビング・キャンペーン」として、買取金額を10%UPするキャンペーンを行っています。

▼関連記事

子どもへの寄付実績

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。