【参加者募集】12/2(日)学べる合同採用説明会 辺境から起こる教育改革


全国に広がりを見せる「教育魅力化」の先進地域・島根県。
東日本大震災と原発事故からの「創造的復興教育」に取り組む福島県双葉郡。

課題先進地から、日本の教育を牽引するイノベーションが生まれつつあります。
辺境から改革を起こす実践者たちと語り合い、これからの社会と教育について考えてみませんか?

最先端の教育事例を学びたい方、イノベーターたちのリアルな声を聞きたい方、「地域×教育」を仕事にしたい方は、ぜひお越しください!

イベント概要

■日時
2018年12月2日(日)19:00〜21:00(18:45開場)
※21:00〜 同会場にて懇親会(参加自由/参加費無料)

■会場
東京都杉並区高円寺南3-66-3高円寺コモンズ
認定NPO法人カタリバ 1Fクリエイティブルーム
(JR中央線・総武線「高円寺」下車徒歩約5分)
アクセス

■こんな人にオススメです
・日本の最先端の教育事例に関心がある方
・イノベーションの実践者たちのリアルな声を聞きたい方
・地域に飛び込んで社会課題解決に取り組みたい方
・ソーシャルセクター・NPOへの転職に関心がある方

■登壇者紹介
●豊田 庄吾(写真左)
福岡県大牟田市出身。大手情報出版会社、人材育成会社を経て、2009年11月島根県海士町(あまちょう)に移住。高校魅力化プロジェクトに参画し、高校連携型公立塾、隠岐國学習センターを立ち上げ、現在同センター、センター長。

●長谷川 勇紀(写真中)
新潟県出身。2007年に株式会社セルム勤務後、2014年NPOカタリバへ転職。キャリア学習プログラムの運営、開発の責任者を担った後、福島県広野町でコラボ・スクール4校目となる“双葉みらいラボ”を立ち上げ、現在同責任者、福島県教育委員会からの委嘱で復興教育アドバイザーを務めている。

●鈴木 隆太(写真右)
東京都出身。大学時代にNPOカタリバにてインターンとして、キャリア学習プログラムや「コラボ・スクール女川向学館」の立ち上げに関わる。株式会社LIFULLにて勤務後、2015年NPOカタリバへ転職、雲南拠点の立ち上げに従事。2017年より雲南市の「教育魅力化コーディネーター」として「雲南市教育魅力化」を推進中。

●モデレーター:今村亮(認定NPO法人カタリバ マネージングディレクター)

■内容(予定)
・これからの教育改革
・島根県海士町、福島県双葉郡、島根県雲南市の教育事例紹介
・地域×教育を考えるワークショップ

■お申し込み
以下のお申し込みフォームよりご登録ください。
お席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

■お問い合わせ
認定NPO法人カタリバ
経営管理本部 人事チーム 菊地
メール:saiyo@ml.katariba.net
電話:03-5327-5667

※採用への応募に際して、説明会参加は必須ではありません。
※イベント内容や登壇者は変更になる場合がありますのでご了承ください。
※服装は普段着でお越しください。

 







お申し込みフォーム

お名前(姓/名)*必須
ふりがな(せい/めい)*必須
年齢*必須
参加日時*必須

 

※ご登録いただいた個人情報は、当法人の個人情報保護指針にもとづいて適正に管理・取り扱いをさせていただきます。また、共同開催いたします島前高校魅力化プロジェクトへ、ご入力いただいた情報を提供いたします。活動の報告・案内のメールをお送りする場合もございますが、ご了承いただければ幸いです。

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。