受賞歴

表彰や行政との協力など、たくさんの方に活動を知っていただき、評価の機会を頂戴いたしました。その一部をご紹介します。

受賞歴

2008.12

日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009 キャリアクリエイト部門

2009.6

内閣府・男女共同参画「チャレンジ賞」

2010.9

2010年度 グッドデザイン賞

2012.2

パナソニック教育財団  2011年度 “こころを育む活動” 関東ブロック大賞

2012.5

社会貢献支援財団「平成24年度 東日本大震災における貢献者表彰」

2012.12

「いいね!JAPANソーシャルアワード」最優秀ソーシャルプロジェクト

2014.2

朝日のびのび教育賞

2014.3

第17回地球倫理推進賞(国内活動部門)・文部科学大臣賞

2014.4

第2回日経ソーシャルイニシアチブ大賞「東北部門賞」

2015.3

ICT夢コンテスト「特別賞」

2016.12

平成28年度 未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー「内閣総理大臣表彰」

行政との協力

2009.12

代表・今村が内閣官房総務官室専門調査委員に任命

2010.11~

代表・今村が文部科学省「大学生の就業力育成支援事業委員会審査部会」に委員として参加

2011.2

女川町でのキャリア教育活動が、文部科学省による「復興教育支援事業」に採択

2011.2

「参議院第三特別調査室 共生社会・地域活性化に関する調査会」に、代表・今村が事例発表

2011.4~

埼玉県が「カタリ場プログラム」を自治体として導入

2011.7~

代表・今村が内閣府「子ども・若者育成支援推進点検・評価会議」へ委員として参加

2015.1~

代表・今村が「中央教育審議会 初等中等教育分科会教育課程部会 教育課程企画 特別部会」に委員として参加(〜2016.12)

2015.4~

「東日本大震災からの女川町の教育環境の復興のためのパートナーシップ協定」締結

2015.4~

文京区より委託を受け、中高生専用の施設「文京区青少年プラザb-lab」の運営開始

2015.5~

代表・今村が「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員会」に委員として参加

2015.6~

島根県雲南市教育委員会から不登校支援と社会教育事業を受託

2016.4~

山口県が「カタリ場プログラム」を自治体として導入

2016.7~

足立区から委託を受け、困難な環境で育つ子どもたちを対象とした学びのサポートを行う居場所施設「アダチベース」の運営開始

2016.11~

代表・今村が「内閣官房教育再生実行会議」に委員として参加

本の発売

2010年10月、カタリバを取材いただいた書籍「『カタリバ』という授業」(上阪徹、英治出版)が出版されました。代表理事の今村久美と副代表(当時)の竹野(現:三箇山)優花による、カタリバ起ち上げ時のエピソードや、高校生の目の色を変える「カタリ場」の熱気、収益化の課題など深く書いていただいています。ぜひご一読ください。

ご購入はコチラから

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。