毎月のご寄付へ
今回のご寄付へ
0120-130-227

震災のせいで、夢をあきらめてほしくない

あなたのご寄付でできること

震災のせいで、夢をあきらめてほしくない

震災から3年。まだ仮設住宅に住む子どもたちがいます

2016年4月14日、21時26分から始まった地震。
それから何度も続いた余震により、子ども達が生まれ育った家や学校は傷みつけられ、避難生活を余儀なくされました。

地震直後、街に散乱していた瓦礫

放課後、居場所がなくベンチに座る中学生(2016年春)

「自宅は”赤紙”を貼られてしまったので今は家の敷地内にある空手道場で生活をしています。」
「テレビを見ている家族の横で勉強するのは正直集中できない。でも”消して”とは言えない。」

震災後に熊本県益城町で出会った、高校受験を控える中学三年生の男の子の声です。

「テレビ消して」その一言さえ言えない。

狭い避難所や仮設住宅での生活を余儀なくされる子供たちは、大人が想像する以上に気を遣い、勉強することもままならない状況が3年続いてきました。

「震災のせいで、夢をあきらめた」
「希望の学校に、進めなかった」

私たちカタリバは、小学生から高校生まで学習サポートや心のケアを行う、認定NPO法人です。

2016年4月に発災した熊本地震から3年が経ちます。ですが、県内では7,746世帯が仮設住宅に住み続けることを余儀なくされております。

また、熊本県の調査によると、1,289人の児童生徒が熊本地震の影響で心のケアが必要と判断されています。
生徒の中には「心が重く、学校の教室に入れない」と言う中学生もいます。

子どもたちが夢を諦めないように、あなたも寄付で応援ください!

あと1年。2020年3月まで、子どもたちが安心して学べる場所をつくる

2016年8月、熊本地震で被災した子どもたちのために、仮設住宅の集会所にて、放課後の学習支援“等”を始めました。

中学校の教室を借りて、英語や数学など勉強を教えるとともに、分からないところを個別に指導。子ども達が安心して勉強できる、「居場所」を作っています。

中学1年生から3年生まで、70名が参加。今まで、のべ1,300名の中学生に支援を届けました。
幾度もの地震や避難生活でストレスのたまった心をケアする役割も担っています。

礒部 晏さん木山中学校卒業生

「学ぶ環境があったから、焦りを行動に変えることができた」
前震の時は家にいて、本震の時は家の前の駐車場に車中泊していました。家で地震を経験したから、少しの揺れでもビクッとしてしまって、家にずっといるのが怖いんです。家でもあんまり勉強がはかどらず、新学期に震災が起こったため勉強が遅れることにすごく焦っていました。
そんな中始まったのがこの学習会でした。勉強ができる場所と、勉強を教えてくれる人がいる。勉強だけじゃなく、悩みがあれば先輩たちは聞いてくれるので、語り合うこともできます。環境があったから、焦りを行動に変えることができました。
震災を通じて私は「勉強できることは当たり前ではない、できる時にやらないと」と思うようになり、自主的に勉強することが増えました。おかげで自習もたくさんでき、いまでは震災の遅れも取り戻せたかなと感じています。たくさんの方々の応援があって、こうして学べることにとても感謝しています。

私たちは2011年7月から東北の被災地で、放課後学校を続けてきました

「家も教科書も流されたけど、応援してくれる人がいたからがんばりたいと思えた」
「前は保育士になりたかったけど、病院で働く姿がかっこよくて、震災後、薬剤師を目指すことにしました」
「ここで集中して勉強して、消防士になる夢を叶えたい」

つらい体験をバネに、夢を抱くようになった子ども達を送り出してきました。
熊本では、2019年4月より、地元大学と連携して、仮設住宅での学習支援を続けます。
地元の大学生が“復興の担い手”となっていくことを、カタリバはサポートしていきます。

あなたのご寄付で子どもたちを助けてください

一人でも多くの子ども達に、チャンスを与えていきたい。
そのためのネックは、資金です。

3,000円で

生徒1人に、1週間授業を提供できます

10,000円で

ボランティアを1名、派遣できます(東北地方への交通費)

30,000円で

生徒1人を県外のオープンキャンパスに送り出せます。

これまでの活動のなかで私たちが確信したのが、あらゆる子ども・若者は無限の可能性をもつということ。

震災によって母親を失いながらも、奨学金で大学に進学した女子生徒。
「津波で流されたふるさとを、再興したい」と立ち上がった高校生たち。
不登校から「やっぱり勉強をしたい」と高校に戻った生徒。

もし「こんな大人になりたい!」と憧れるきっかけや、その希望を叶えるため努力し続けられる学習機会さえあれば。

困難を乗り越えて、この社会を生き抜いていける力を、子ども達は身につけていきます。

あなたの寄付で、子ども達が未来を切り開くチャンスを与えてください。

18年間、教育活動に取り組んできました

私たちが目指すのは、「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす力を育める社会」。
その実現のため「意欲と創造性をすべての10代へ」というミッションを掲げ、活動しています。

貧困や不登校、災害など困難さを抱える10代に

PTG

困難や課題を抱えた子どもたち、被災地の子どもたちを、居場所づくりや学習支援で支えます

多様な出会いや機会が少ない地方に住む10代に

GLOCAL

地方ならではの豊かな人間関係や自然を教育資源として活かし、オリジナルな教育を提供します

自己肯定感が低く意欲を持てない10代に

DISCOVER

やりたいことや知りたいことに出会うヒントやきっかけを届けます

団体概要

名称 認定NPO法人カタリバ
本部 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
TEL:0120-130-227 FAX:020-4665-3239
設立 2001年11月 (2006年9月に法人格取得)
役員 代表理事 今村久美     常務理事/事務局長 鶴賀康久 
理事 酒井穣、中原淳、山内幸浩、岡本拓也
監事 久保田克彦、中山龍太郎
職員 112名(2018年4月現在)

震災の体験を、“悲しみ”から“強さ”へ変えるために

代表理事 今村久美

認定NPO法人カタリバ
代表理事 今村久美

たった一瞬で、慣れ親しんだ町並みが壊れ、あるいは家族もいなくなる。
そして、避難所や仮設住宅など、全く新しい環境で、もしかしたらこれまでとは違う人たちと暮らしていかなければならない…このように苦しく辛い試練を経験した子どもたちが、もしそれを乗り越えたなら、誰よりも強く、そして優しくなれるはずです。
この子どもたちから、10年後の日本にイノベーションを起こしてくれるリーダーが生まれると、私たちは信じています。
私たち大人の役目は、悲しみを強さへと変える「学習機会」を作ってあげることです。

掲載メディア
日本経済新聞(社説)
NHK「おはよう日本」
TIME(アジア・太平洋版)
日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、NHK「おはよう日本」、
テレビ朝日「報道ステーション」、サンデー毎日、日経ウーマン、ミセスなど
受賞歴
日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009、内閣府・男女共同参画「チャレンジ賞」、グッドデザイン賞、パナソニック教育財団 2011年度 “こころを育む活動” 関東ブロック大賞、「いいね!JAPANソーシャルアワード」最優秀ソーシャルプロジェクト
行政との協働
代表・今村が内閣府「子ども・若者育成支援推進点検・評価会議」へ委員として参加/女川町でのキャリア教育活動が、文部科学省による「復興教育支援事業」に採択/「参議院第三特別調査室 共生社会・地域活性化に関する調査会」に、代表・今村が事例発表など
ご支援企業
サッポロホールディングス株式会社様、ベネッセコーポレーション株式会社様、ゴールドマン・サックス様、バーバリー基金様、グンゼ株式会社様、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社様など

10,000人のご支援者の想いを、子ども達に届けてきました

これまでに、約10,000人の個人・企業のみなさまからご支援をいただきました。

ご支援者の声

佐治恵子さん

佐治恵子さん

今の子ども達が、生きていきやすい未来のために
私の世代は高度経済成長期を過ごしたので本当に恵まれていた世代だったと思います。しかし今は当時と全く異なっている状況です。若い人は厳しい状況の中、頑張っている。そんな中、日本の将来を担う、今の子ども達が生きやすいように何か残さなければという使命感に近いものがあるのかもしれません。先日、コラボ・スクール「大槌臨学舎」を訪問するツアーがあったので参加してきました。まず再認識したのは復興はまだまだ道半ばだということ。長引く仮設住宅の生活の中で実際に、子ども達が勉強する場所がないこと。また、コラボ・スクール職員と話す中で抱える悩みや困難についても理解することができてとても良かったです。

子ども達からの感謝の手紙

感謝と夢を忘れず、がんばっていきたい
「私には今、服飾関係の仕事につくという夢があります。私達のためにがんばってくれた方々のように、誰かのために積極的に行動できる大人になりたいです。」
魚の研究職に就くため、東京の大学に進学したい
「進路を明確にできたのも支援してくれた方々のおかげだと思っています。つらかった受験勉強も、乗り越えられました。本当にありがとうございました。」

ご寄付をいただいた方には

お申込後
お申込後
活動報告書や子どもたちの作文を郵送
定期的に
定期的に
メールマガジンなどで活動を報告
年に2~3回
年に2~3回
報告会・発表会に招待

ご支援への一歩を踏み出してください

「どんな環境に生まれて育っても、未来をつくりだす力を育める社会」を実現するために。
私たちはサポーター会員の皆さまを、毎月のご寄付を通して、子どもたちの未来をつくっていく仲間と考えています。
ご寄付は、認定NPO法人カタリバの教育活動全般に、使用させていただきます。

金額 毎月1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円などお選びいただけます
決済 クレジットカードまたは口座振替による自動引落し
使途 弊団体の教育活動全般

教育活動の成果

生徒へのアンケート

生徒へのアンケート 生徒へのアンケート

保護者へのアンケート

保護者へのアンケート保護者へのアンケート

よくいただくご質問

毎月の寄付は止めることはできますか?
もちろん、ご自由に止めていただけます。金額の変更もいつでも可能です。ご連絡をいただかない場合は、自動更新として翌月以降も会費をお支払いいただいています。
領収書はもらえますか?
はい、ご希望いただいた方に発行します。領収証の金額は、前年1年間に、当法人が実際に領収を確認した寄付金の合計額となります。(領収日付はお申込日ではなく、各決済代行会社からNPOカタリバに入金された 日付となります。)
税制優遇は受けられますか?
はい、認定NPO法人であるカタリバへのご寄付は、税制優遇の対象となります。
例:毎月3,000円(年間36,000円)を寄付
・所得税:(36,000円-2,000円)×40%=13,600円
・住民税:(36,000円-2,000円)×10%=3,400円
→合計 17,000円の控除
※東京都にお住まいの方が、税額控除を選択した場合です。
控除には限度額があり、実際の税額はケースにより異なります。

子ども達が大人へと成長する、大切な時期。一日一日の学びが、将来にとって貴重です。

あなたの想いを今すぐ行動へと、一歩を踏み出してくださるのを、心からお待ちしております。

P.S.
このページをご覧になって、私たちの活動にご共感いただきつつも、迷っている方もいらっしゃると思います。そのような方は、まずは1000円からご寄付のお申し込みをいただけますでしょうか?

ご寄付をいただいた方には、活動報告書など郵送でお届けしますので、もし私たちの活動が支援に値しないようでしたら、その時点で翌月以降のご寄付はストップいただいて結構です。
これからも支援したいと思っていただけたら、ぜひそのまま翌月以降もご支援いただければ幸いです。

すべての子ども・若者が、希望をもって未来を思い描ける社会に向けて、あなたも一歩を踏み出してくださることを、心より楽しみにお待ち申し上げております。

※退会・休会はご自由にいただけます。メール・電話でご都合よいときにご連絡をください。退会のご連絡をいただかない限りは、毎月自動更新とさせていただいています。

ご支援についての問合せ
認定NPO法人カタリバ 広報・ファンドレイジング部