熊本コラボ・スクール【ましき夢創塾】子どもたちの夢を守るために 〜熊本地震、次の一年へ


一年前の4月14日と16日、熊本・大分地方を震度7の揺れが2度も襲い掛かりました。熊本県内の住宅被害は全半壊で4万棟以上。多くの方が避難所や車中生活を送られ、現在は狭い仮設住宅の暮らしとなりました。地震直後50人未満だった死者数は現在200人以上にのぼります。一夜にして日常生活を窮屈な暮らしへと一変させてしまう災害は、大人はもちろんのこと子どもたちへの影響も計り知れません。

震災直後から緊急支援に入っていたカタリバは、同年6月にコラボ・スクール「ましき夢創塾」を立ち上げ、特に被害が大きい益城町で子どもたちの支援を続けています。

▶︎あの日から一年。これまでの歩みと現在の子どもたちの様子

【テレビ放送のお知らせ】

4月15日 23:00〜24:00(Eテレ)ETV特番「あの“場所”はないけれど~熊本地震 中学3年の一年~」放送

カタリバが活動を行う学校の一つ、益城町立木山中学校の1年間を見つめた特集番組が放送されます。これまでの人生を振り返った作文を書いた生徒たち。綴られていたのは、自宅や思い出の場所を失った不安でした。心のよりどころを探す10代の物語を、ぜひご覧ください。
▶︎詳しくはこちら

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。