CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

活動紹介 / Activity

RESILIENCE

不登校の子どもたちに安心と自信を

おんせんキャンパス

Concept

学校に通うことに困難を抱えている児童・生徒に、安心できる居場所と様々な学びの機会を届け、自信と将来の希望につなげたい。そんなコンセプトで始まった島根県雲南市のおんせんキャンパスでの不登校支援の取り組みは、一人ひとりの習熟度に合わせた学習支援とともに、農作業や地域行事への参加などキャリア発達のための活動も取り入れています。学校や保護者と密に連携をとりながら、施設に通えない子どもには家庭訪問も実施。子どもたちの再登校や継続登校、進路実現を目指してサポートしています。

活動概要

  • クライアント

  • 所在地

    〒699-1342 島根県雲南市木次町平田506番地

  • TEL

    0854-48-0007

  • 活動期間

    2015年6月〜

  • 対象

    雲南市在住(及び近隣)で学校生活や登校することに困難を抱えている小中高生

  • 活動内容

    居場所運営/学習支援/体験活動/家庭訪問/保護者支援/学校連携

活動の背景

「学校に行かない」ではなく「学校に行けない」子どもたちの苦しみに寄り添う


ゲーム依存”など生活習慣の乱れ、友人や先生、親との関係、勉強のつまづきや家庭内の不和など、きっかけや継続している理由は様々ですが、多くの子どもたちは、長い月日をかけて辛い思いをし続けた結果、「学校に行かない」ではなく「学校に行けない」状態になっています。目に見える「不登校」という状態だけではなく、その背景を想像し、その子の成長のために何ができるかを考え、最善のサポートができれば、どの子も心の奥に持っている学びたい・楽しみたいという気持ちに火が灯るはず。ナナメの関係は、きっとその力になる。そんな想いで2015年6月から、島根県雲南市で廃校となった旧温泉小学校の校舎を活用した「おんせんキャンパス」での不登校支援の取り組みを始めました。

活動内容

子どもたちが安心して生活ができる、居場所をつくる


最も大切にしていることは、まずは子ども達が安心して集まれる“居場所”と、何でも相談できる大人との関係性をつくることです。安心できる環境をつくるために、学校の教員や地域コーディネーター、心理職など多様な経験を積んできたスタッフが、子どもたちの日常を支えています。心の安心のうえで学校への登校や進路実現ができるように、基礎的な学力と、規則正しい生活習慣や人間関係の構築力などキャリア発達を手助けしています。

基礎的な学力を身につける学習支援


子どもたちが、意欲をもって勉強に取り組み、学習する習慣を形成することで、基礎的な学力を身につけられるように。そのために重視しているのが、子どもたちとスタッフの対話を通して学習計画を立てることです。無理のない学習量で、子どもの状況に応じたスケジュールを設定。また、自分で決めたことを実行することで、自己有用感や達成感を感じられるようにしています。
多人数での一斉授業ではなく、生徒1〜3人対してスタッフが1人ついて指導しています。じっくりと考える時間を大切に、分からないことは気軽に質問できる環境をつくることで、子どもたちは「どうせ無理・・」から「なんかできそう!」という気持ちに変化。スタッフは「教える」だけでなく、「支える」「見守る」存在としても機能しています。
また学習を挑戦の場にするために、子どもがもっと深く知りたいこと、不思議に思っていることを追求する学習を取り入れています。その中ではスタッフが子ども達と一緒に挑戦することも。スタッフ自身が学びを楽しみ、一緒に挑戦することで、子どもたちの学びたい気持ちに火を灯します。

生活習慣や人間関係の構築力を身につける体験活動


農作業やものづくり、地域行事への参加など体験活動やスポーツ活動を多く取り入れています。人との関わりや自然との触れあい、体を動かすことで、体力の向上や規則正しい生活習慣を身につけるとともに、「自己有用感」や「達成感」を感じられ、また、人間関係をつくる能力も身に付けていきるように意図してプログラムを設計しています。

学校や保護者との連携


学校には、学習や体験活動の進捗、頑張っている様子を毎日レポートで共有。学年部内や関係の先生方で回覧・共有してもらっています。「ケース会議」への参加、学校への「別室登校」への足並みを揃えたサポートなど、緊密にコミュニケーションを取っています。
保護者には、メールや電話で活動の様子をお伝えするとともに、保護者の方から、子どもたちの家庭での様子を共有してもらう面談を行っています。保護者の方の困り感や孤独感、家庭内の状況や親子の関わり方も把握。保護者会・勉強会を開くなど、保護者やご家族同士のつながり、スタッフとの関係性をつくる活動もしています。おんせんキャンパスに通いづらい児童・生徒へは、個別の家庭訪問を実施し、会話や遊び、勉強のお手伝いをしています。

活動の成果

子どもと保護者の前向きな気持

おんせんキャンパスでの活動を始めてから、子ども・保護者支援プログラムの充実と連携体制を強化することで、利用者の増加・再登校につながる子どもは7割以上となっています。
保護者の方に行ったアンケート結果からは、多くの親御さんが安心と自信を子どもたちが取り戻したと感じていること、また親御さん自身の気持ちも前向きになっていることが分かりました。

おんせんキャンパスに通う子どもたちの保護者向けアンケート結果


保護者の方からいただいた声

■子どもが中学3年の1年間、学校へ通うことができたのはおんせんキャンパスで過ごした1年があったからだと思っています。勉強だけでなく、子どもに寄り添い、色々なことを経験させていただきありがとうございました。
■子どもの好きなこと(釣り)を休日に一緒にしてもらったり、話題作りの場面を作ってもらい感謝しています。
■子ども一人一人の事をよく理解してくださっているなあと本当に有難い気持ちです。「おんせんキャンパス」という場所を見つけたことはとても良かったです。
■悩んでいる保護者さんや子どもたちに、もう少し早めにおんせんキャンパスのことを知ってもらえるようにしてもらいたいです。どこに相談したらいいのかわからない人がたくさんいると思います。話を聞いてもらうだけで楽になれると思います。

連携

行政との連携

思春期の子どもたち特有の心理的な葛藤、発達上の特性、家庭環境など、様々な背景を抱えている子どもやご家族に適切なサポートを届けるためには、教育、福祉、医療といった専門機関との協働が必要不可欠です。教育委員会や福祉部局からアドバイスや助言をいただいたり、定期的な情報交換の機会をつくったりしています。また、市全体の教育活動がより充実するために、教育委員会と協働し、今後の不登校対策についての研修会や意見交換会、ガイドライン作成を行っています。

地域の他団体との連携

施設内だけでなく雲南市全域をフィールドにして、好きなことや得意なことに熱中したり、新しいことに挑戦したりする機会を届けるために、地域の社会教育機関やNPO団体と協働プログラムを実施、開発しています。また、地域自主組織の活動のボランティアを行うなど、地域貢献活動を通したキャリア教育にも取り組んでいます。

Photo Gallery