合格発表、卒業式、そして「やくそく旅行」へ

こんにちは、NPOカタリバ山内です。

3月も後半です。コラボ・スクールでは中3生の高校受験、
合格発表がありました。おかげさまで、たくさんの生徒が
合格することができました!

ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。

そして卒業式。大槌臨学舎では、カタリ場を開催
“なりたい高校生”をイメージし、一年後の自分との約束を結びました。

昨日から、約30名の中3生が「やくそく旅行」のため上京しています。
20日(水・祝)の発表会、ぜひいらっしゃってください。

<参加者募集>「やくそく旅行」発表会

= = = = =

さて前号で紹介した、大槌臨学舎に通う高校1年生、
吉田優作君による「高校生MyProject」。
今号ではその後編をお届けします。

「どんなに立派な石碑や像をたてても、時代とともに震災の記憶は風化してしまう。
だから僕は4年ごとに建て替える木碑に住民の思いを刻み込み、
建て替えという文化を創って、震災の記憶を伝え残す。」

このような強い想いを抱いてプロジェクトを始めた優作君ですが、
さっそく乗り越えなければならない壁に、ぶつかります。

※前号の記事はこちらから

 最初の木碑を建てる地として、
 彼が選んだのは「安渡古学校地区」。

 1月の寒い日、木碑の設置許可をお願いをするため、
 優作君は自治会長さんを訪ねます。
 
 「今後起こる震災によって犠牲となる命を一人でも
  減らすため、木碑を建てたい」

 彼が伝えた熱い想いとは対照的に、
 返ってきた返事は、色良いものではありませんでした。

 津波が途中まで押し寄せ、仮設住宅の方々と
 残った家で暮らす方々とが半々くらいの割合で暮らす、
 この安渡古学校地区。

 平均年齢が65歳と高いため、
 「高齢者ばかりだから、何年かに一回という文化を
 根付かせるのは難しい」というのです。

 MyProjectでは、参加する高校生と臨学舎スタッフが集まって
 それぞれのプロジェクトの進捗や課題を報告する、
 定例のミーティングがあります。
 
 「そういうのは、行政に任せた方がよいことなんじゃないか?」

 そんな言葉とともに諭された体験も交えながら、
 優作君は進め方を迷っているとミーティングで報告します。
 そこでスタッフから、言われたことです。
 
 「優作は、そう言われたからってやめていいの?
  『いつか誰かがやる』ってみんな言うけど、
  結局は誰も動かないことになってしまう。

  『待っていれば、どこかの誰かが復興してくれる』じゃなくて、
  自分が地域にできることは何か?を考えるんだよ。」

 優作君はその1週間後、今度は想いを書き込んだ企画書を携え、
 もう一度自治会長さんを訪ねます。

 たどたどしい説明も、一生懸命さが伝わったのか・・・

 今度は、了承をもらえました!!
 
 

 2月に入り、木碑の建立に向けて始まった準備作業。
 土台を作るため、次は建設会社の社長さんに協力をお願いしにいきます。
 
 「4年に一度、3月11日にこの木碑を住民と一緒に
  つくり直すことを地域の文化にしたい。」
  
 彼の想いに心を動かされ、無償で作業のご協力をいただけることに。

 その後も、紹介してもらった木工店や石材店などにも協力して
 いただけることになり、たくさんの大人たちを巻き込んでいきます。
 

 また、木碑に刻むメッセージは、町民みんなで決めることにしました。
 そのために、住民同士でお茶を飲みながら、メッセージを話し合う会を開きます
 
 優作君と、一緒にプロジェクトを進める高校生たちで
 一軒一軒を回って、ビラを配りながら案内したところ、
 多くの住民に参加してもらえました。
 
 そして、木碑に刻む言葉も決まります。
 
 「大きな地震が来たら戻らず高台へ」
 

 いよいよ迎えた3月11日。
 木碑の設置セレモニーを行いました。
 
 ※当日の様子はこちら
 
 「4年後、8年後、12年後、16年後、20年後、
  たとえどこに暮らしていても、必ずここに戻ってきて、
  木碑の立て替えをみんなとやる。そうして、次の世代につなげていく」

 優作君はプロジェクトの未来を誓うとともに、
 この体験を通じて学んだことをつづっています。

 「このプロジェクトを行ってみて、たくさんの人に助けられて
  周りの人がいる大切さを学びました。
 
  自分の思いをちゃんと相手に伝える場面もたくさんあって、
  そのたびに他人に向けての伝え方も知りました。
  そして多くの人と接していくうちに自分自身を
  成長させることにもなりました。」

 

 このプロジェクトでは、今回設置した木碑のほかに、
 半年以内に、大槌町内と町外に1本ずつ木碑を建造することを
 目指しています。
 
 今回は無償で協力をしていただくことができましたが、
 木材費や制作費など、40万円の費用がかかる計画です。
 
 先週終わり時点で集まったのは、114,000円。

「これから大災害を体験する人たちに自分たちのように
 大切な人を一瞬で奪われるつらさを体験してほしくない」
「同じ過ちを繰り返すのは自分たちの世代で最後にしたい」

 彼の想いにご共感いただいた方は、
 ぜひ寄付でご支援いただけますでしょうか?

 【ご寄付を募集しています】
  「震災の記憶を後世の人たちに残したい
  ~3.11復興木碑設置プロジェクト~」
 

= = = = =

 「決して学級委員でも生徒会長でもない、
  どちらかというと目立たない生徒である彼が元々持っていた力が、
  震災後の様々な出会いの中で引き出され、こういう形で地域に一つの文化を
  提案する『マイ・プロジェクト』になった」(代表理事 今村久美より)
 
 この「高校生MyProject」では、高校生一人ひとりが“復興の当事者”として
 小さなところから行動することで、地域の課題を解決するとともに、
 復興を担う未来のリーダーを育てることを目指しています。

 4年後に優作君は、大学2年生の歳に。

 彼は、防災学を学ぶために大学への進学を希望しています。
 

 【その他の高校生MyProject】

 ・Starry Night In 大槌プロジェクト
 ・地域のみんなで作る公園プロジェクト
 ・100人Photosプロジェクト

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。