【メディア掲載】読売新聞掲載〜民間企業の経験が力に〜

2017年2月21日付の読売新聞に、熊本コラボ・スクールで働くカタリバ職員の井下友梨花が紹介されました。

現在、NPO法人に転職する女性が増えています。力をつけるために1度民間企業で働く人や、企業活動の中で社会問題に関心を持ち転職する人が多く、井下もその1人でした。

彼女は民間企業に就職したのちにカタリバに転職し、熊本地震の被災地で子どもたちに学習支援を行っています。

井下は熊本での活動に対し、次のようにコメントしました。

学校や企業とのやり取りでは前職の経験が生きている。子どもたちが育っていく実感が得られ、充実しています(記事より抜粋)

▼記事全文はこちら

カタリバでは、熊本地震など様々な社会課題に対して、とことん向き合う実践型教育インターンを募集しています。詳しくは以下をご覧ください。

▼実践型教育インターン
https://www.collabo-school.net/practical/

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。