CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

News

カタリバは今年も東京マラソン2020チャリティの寄付先に選ばれました!

お知らせ

NPOカタリバは、今年も東京マラソン2020チャリティの寄付先団体に選ばれました!
東京マラソン2020チャリティ寄付募集公式サイト
*東京マラソン2020は2020年3月1日(日)開催

「東京マラソン2020チャリティ」とは、ご寄付をいただいた方の中で、ご希望の場合は、チャリティ活動をアピールしていただくための「チャリティランナー」として、東京マラソン2020に参加いただける制度です。

東京マラソン2020チャリティを通じて、皆様からお寄せいただいた寄付金は、全額、災害や貧困等によって、学ぶ機会を奪われた子どもたちの支援に使わせていただきます。

「マラソンを走る」はもちろん、それ以外にも様々な応援方法がございますので、
子どもたちのため、可能な範囲でお力添えいただければ幸いです。

※認定NPO法人であるカタリバへのご寄付は、個人・法人どちらのお申込みも税制優遇の対象となります。

3つの応援方法

1.ご自身がチャリティランナーとして走って応援する
2.ご家族やご友人など、マラソン好きな方にチャリティランナーをすすめる
3.社員参加型の社会貢献の一環で、会社として応援する

1.ご自身がチャリティランナーとして走って応援する

世界6大マラソンとしても知られる、日本一有名なマラソンで初めてのフルマラソンを走って、チャリティ活動をアピールしてみませんか?

●東京マラソン2020チャリティ概要
大会日程:2020年3月1日(日)
募集人数:個人チャリティ3,700名(予定)
寄付金およびチャリティランナー募集期間:2019年7月2日〜
寄付先団体:カタリバ含む29事業
[参加方法]
東京マラソン2020チャリティ公式寄付募集サイトより、寄付金(個人寄付の場合10万円以上)をクレジットカードで支払い、お申込みください。
※定員に達し次第締め切りとなります。
※クレジットカードのみのお申込になります。

●カタリバチャリティランナーの寄付者プログラム
カタリバのチャリティランナーとして走っていただける方向けに、様々な企画をご用意しています!

[1]特別練習会にご招待

マラソン初心者の方からベテランランナーまでご満足いただける、練習会にご招待いたします!元プロの陸上選手が設計・コーチを務める特別練習会です。マラソン大会本番までに4〜5回の練習会を予定しています。2019大会では元プロの長距離陸上選手である堺晃一さんをコーチにお招きして開催し、練習方法の解説や食事のアドバイスなど、毎回テーマを決めた青空教室のあとにトレーニングを実施。ランナーの皆さん同士の横の繋がりもでき、大会終了後は打ち上げランチなども行いました。

[2]ランナー応援グッズのプレゼント

マラソン大会当日に役立つ、ランナー応援グッズをプレゼント!2019大会では、ゴール後カタリバランナー専用のラウンジをご用意し、おにぎりやお味噌汁、甘いお菓子や飲み物をご提供し、スタッフがゴールを一緒に喜びました。

[3]事業説明会にご招待
カタリバの行う事業の様子を、実際の現場にお越しいただき、ご見学いただけます

[4]子どもたちからのお礼のお手紙
チャリティを通じてご支援いただく放課後学校の子どもたちからの、感謝のお手紙を贈呈します。

Message/カタリバ広報・ファンドレイジング部で東京マラソン2020チャリティを担当している本村(もとむら)ももです。カタリバがチャリティの寄付先事業に選ばれて、今年で4回目になります。カタリバをご支援先に選んでくださったみなさまが、カタリバのチャリティランナーでよかったなと思っていただけるように、様々な企画を一生懸命考えています。昨年はカタリバの活動拠点をご見学いただいたり、箱根駅伝で活躍をされた堺晃一さんをコーチにお招きして、練習会を行いました。大会当日はあいにくの雨でしたが、カタリバのスタッフが一生懸命応援も行い、フィニッシュ後には休憩エリアをご用意しました。みなさまと完走をお祝いできたことが何よりも嬉しかったです。今年も活動説明会や事前の練習会を予定している他、様々な応援グッズも企画しています。もっともっとみなさまが大会を楽しめるよう、がんばります!ぜひカタリバのチャリティランナーに、挑戦していただけると嬉しいです。事前イベントや当日にみなさまとお会いできることを楽しみにしています!

2.ご家族やご友人など、マラソン好きな方にチャリティランナーをすすめる

お近くに、ランニングが好きな方はいらっしゃいませんか?
是非東京マラソン2020チャリティの仕組みをご紹介いただければ幸いです。その方の出走を、寄付で応援することも可能です!

3.社員参加型の社会貢献の一環で、会社として応援する

法人から寄付をすることで社員の出走権を獲得し、社内で出走者を募ってくださる法人様もいらっしゃいます。社員参加型の社会貢献としてご検討いただければ幸いです。
ご参加いただく法人様は、カタリバのWebページにてご紹介いたします。こちらの場合は個人参加と少し枠組みが異なりますので、ご興味がございましたら、ぜひお問い合わせをいただければ幸いです。

東京マラソン2019チャリティ参加者の声

今年の3月3日に実施された、東京マラソン2019チャリティにご参加いただいた、ランナーの皆様からの声を一部ご紹介します。

最初は「マラソンを走りたい」という理由だけで申し込んだのですが、見学会やカタリバのスタッフからのメール、練習会でのやりとりを通じて、活動内容にも深く共感をするようになりました。大好きなマラソンを走ることが、子どもたちの支援につながるのがとても嬉しいです。
自分自身も決して楽な家庭環境で生まれ育ったわけではないが、今ではこうしてチャリティに参加できるようになった。自分が走ることで子どもたちにも希望を持って欲しい。
大会当日は、景色、応援、運営など素晴らしかった。また、カタリバさんたちが練習会を企画してくださり、一人で走っているのではなく、他のチャリティランナーやカタリバのスタッフと、チームとして走っている気持ちが心強かったです。当日もカタリバのスタッフの皆さんと子どもたちで、応援にかけつけて下さり、とても大きな力をいただきました。

法人としては、下記の企業様にご参加いただきました。

 

災害や貧困などによって子どもたちに生まれる、学びの機会の不平等をなくすために

東京マラソン2020チャリティを通じて、皆様からお寄せいただいた寄付金によって、「東日本大震災・熊本地震で被災し、狭い仮設住宅では勉強する場所がない」「空腹で勉強に集中できない」「家計が苦しく、進学を諦めている」そんな夢を諦めかけている子どもたちへ、学びの機会と食事(一部の施設)、そして安心して過ごせる居場所を提供します。

カタリバは2001年から活動を開始。岩手県、宮城県、福島県、熊本県、島根県、東京都で9つの拠点を持ち、全国で活動を行なっています。対象数は約16,000名。自分自身ではどうすることもできない、困難な環境に置かれている子どもたちが、安心できる場を求めて毎日やってきます。

自ら選ぶことのできない、たまたま生まれ育った環境によって、困難な状態を抱える子どもたちが、少しでも将来に対して希望が持てるよう、東京マラソン2020チャリティを通じたご支援をよろしくお願いします。


 

認定NPO法人カタリバは、東京マラソン2020チャリティ事業の寄付先団体です。
東京マラソン2020チャリティ公式ウェブサイト www.marathon.tokyo/charity/