CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

News

PressRelease/ 貧困世帯の子どもたちへ 今週66世帯90名にPCとWi-Fiを発送!オンラインで教育支援と伴走支援を行う新しい仕組みがスタート

お知らせプレスリリース

貧困世帯の子どもたちへ
66世帯90名にPCとWi-Fiを発送!
教育支援プログラムとオンラインの伴走支援を行う新しい仕組みがスタート

認定特定非営利活動法人カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村久美 以下、NPOカタリバ)は、就学援助受給世帯などの経済的に困難を抱える子どもたちに対し、オンラインの学習環境の提供と伴走支援を行う新しい取り組みを、試験実施期間等を経て、6月15日(月)にスタートさせます。

PCやWi-fiなどの情報機器の無償貸与とオンラインの教育支援プログラムの提供に加え、保護者・子どもとの定期面談を通して、一人一人に合った学習計画をもとにした支援を行う「カタリバオンライン・キッカケプログラム」。

6月8日(月)までに情報機器を全国66世帯90名に発送し、各家庭と定期面談を行い伴走するメンターへの研修も実施。困難を抱える家庭へのハードとソフト、両面からの支援を、6月15日(月)に開始します。

オンライン教育に
アクセスするためには
「周りの大人の支援」が必要

先の全国一斉休校を機にNPOカタリバが立ち上げたオンライン上の居場所「カタリバオンライン」には、5月末現在、1,900名を超える登録があり、全国の様々な環境で暮らす子どもたちに、世界と出会う機会を届けてきました。

その一方で、日本の子どもの7人に1人が相対的貧困状態に陥っていることからも、そもそもオンラインにアクセスできる環境をもたない子どもたちは、社会から取り残され、ますます教育格差が拡大していくおそれがあります。

そこでカタリバは、生活困窮・貧困世帯に情報機器を無償貸与する支援プログラムを立ち上げ、試験的に15世帯に実施。実際に機器を配布し見えてきたことは、モノを届けるだけでは「使えない」現実があるということ。

ただ渡すだけではなく、モノを「どう使うか」という点に伴走することが必要だと判断したカタリバは、「モノ+オンラインの伴走支援」をひとつのプログラムとし、規模も全国100世帯に拡充、6月15日より本格的にサービスをスタートします。

 

キッカケプログラムについて

●支援対象
居住している市区町村で就学援助または就学支援を受けている、小学生〜高校生の子どもがいる家庭で「カタリバオンラインなどに参加してみたい」という意欲をもっている方
*詳細はこちらからご確認ください

●支援規模
全国100世帯(順次拡大準備中)

●支援の流れ
【Step1】各世帯から申し込み
【Step2】審査・メンターの配置
【Step3】情報機器の発送
【Step4】ペアレントメンターと保護者による面談で学習計画を作成(面談は月1回継続)

*初回は必要に応じて情報機器のセッティングサポートも遠隔で行います
【Step5】キッズ/ユースメンターによる子どもへの伴走開始(週1回の面談実施)

取材について

この新しい取り組みを、より多くの方に認知いただき、本当に必要な方に支援を届けられるよう、取材を歓迎しています。是非お問い合わせください。

●ペアレントメンターへの研修
取材可能日:6月4日(木)14時から~ zoomにて
*取材希望の方へは個別にzoomURLをご連絡します。

●対象家庭への取材
取材可能日:6月8日(月)~
*発送した機器が各家庭に到着後、開封、セッティング、ペアレントメンターの伴走の様子の取材をご希望される方はご相談ください。
*取材可能人数に限りがございますので、必ずしも取材いただけない場合がございます。ご了承ください。

●本プレスリリースに関するお問い合わせ
認定特定非営利活動法人カタリバ
担当:芳岡(よしおか)
Email:kikkake@katariba.net

こどもオンライン基金の設置

6月中旬には、この取組みを支える『こどもオンライン基金』設立の準備を進めています。Edtech企業、研究者、スポーツ選手などとNPOカタリバが連携し、長期的な目線で支援を行うオンラインこども支援チームを発足します。

●現在賛同いただいているチームメンバー
株式会社マザーハウス 代表取締役 山崎大祐
株式会社COMPASS ファウンダー 神野元基
株式会社ワクワークイングリッシュ 代表 山田貴子
ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野雄介
自由人&作家 高橋歩
国際大グローバル・コミュニケーション・センター准教授 豊福晋平
株式会社メルカリ 取締役会長/株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー 代表取締役社長 小泉文明
慶應義塾大学 教授/教育経済学者 中室牧子
立教大学 経済学部 教授 中原淳

元プロ陸上選手 為末大
一般財団法人村上財団 代表理事 村上絢
*順不同/敬称略

運営団体

認定NPO法人カタリバについて

どんな環境に生まれ育った子どもたちも、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

<団体概要>

設立   : 2001年11月1日
代表   : 代表理事 今村久美
本部所在地: 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
事業内容 : 高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)
URL   : https://www.katariba.or.jp/