CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

News

『学校が「とまった」日―ウィズ・コロナの学びを支える人々の挑戦』(中原淳 監修)にて、カタリバの取り組みが紹介されました

お知らせメディア掲載

2001年に活動をスタートさせたカタリバは、どんな環境に生まれ育っても未来をつくりだす力を育める社会を目指し、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んできましたが、コロナ禍においても、いち早くオンライン上に子どもたちの居場所をつくり、寄り添ってきました。

2021年2月1日発売の中原淳氏(立教大学経営学部教授・NPOカタリバ理事)監修の『学校が「とまった」日―ウィズ・コロナの学びを支える人々の挑戦』にて、カタリバの取り組みが紹介され、代表今村と職員加賀が登壇したオンライン報告会(2020 年6 月14 日実施)での座談会の様子が掲載されました。

■購入ページ
Amazonの購入ページはこちら

■著者について
中原 淳
立教大学経営学部教授
立教大学大学院経営学研究科リーダーシップ開発コース主査/リーダーシップ研究所副所長
大阪大学博士(人間科学)。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等を経て2018年より現職。専門は人材開発・組織開発。著書に、『職場学習論』『経営学習論』『人材開発研究大全』(いずれも東京大学出版会)など多数。

田中 智輝
山口大学教育学部講師
東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。同博士課程在学中に日本学術振興会特別研究員(DC1)。東京大学特任研究員、立教大学助教を経て、2020年10月より現職。専門は教育哲学・教育思想。『ひとはもともとアクティブ・ラーナー! 』(北大路書房)ほか。

村松 灯
立教大学経営学部教育研究コーディネーター
東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。同博士課程在学中に日本学術振興会特別研究員(DC2)。東京大学特任研究員を経て、2018年4月より現職。専門は教育哲学・教育思想。『「未来を語る高校」が生き残る』(学事出版)ほか。

高崎 美佐
立教大学経営学部教育研究コーディネーター
東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。博士(学際情報学)。
京都大学卒業後、民間企業を経て2012年大学院修士課程入学。2018年より現職。専門は学生から社会人へのトランジション、キャリア発達。『人材開発大全』(東京大学出版会)(分担執筆)ほか。

■目次
監修者からのごあいさつ
はじめに

第1章 休校が私たちにもたらした問い
1 本書の目的
2 調査概要
3 本書の構成

第2章 データで見る「そのとき」
1 二つの質問紙調査の概要
2 休校中の生活実態
3 学校の取組
4 保護者の子への関わり
5 学び続けることに影響を及ぼした要因
6 教員と生徒の円滑なコミュニケーションのためのポイント
7 まとめ

第3章 学ぶ人、学びを支える人が語る「そのとき」
1 教員
2 子どもと保護者
3 支援者
【座談会】対話でつむぐ「そのとき」と「これから」

第4章 「そのとき」の経験から見えてきたこと
1 学びを継続できた子の共通点
2 家庭への役割集中とその課題
3 子どもの学びをとめない学校
4 「最後の砦」としての支援者
5 学びを支え続けるために私たちにできること

おわりに