CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

News

PressRelease/NPOカタリバ、世田谷区とオンラインを活用した 不登校等児童生徒の学び支援に関する連携協定を締結

プレスリリース

認定特定非営利活動法人カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村久美、以下カタリバ)は、世田谷区教育委員会(東京都世田谷区、教育長:渡部理枝 以下、世田谷区)と連携し、不登校や長期欠席の状態にある子どもたち(以下、不登校等児童生徒)のためのオンラインの居場所・学び場として「オンラインルームせたがや」を開設しました。この連携を通して、教育支援センター等リアルな場だけではつながることができなかった子どもに新しいきっかけを提供することを目指します。

不登校等児童生徒数は全国で29万人、公的支援が足りない実態

2020年度、文部科学省による調査(*1)で、日本の小中学校において、不登校の児童生徒をふくむ「長期欠席者」の数が、過去最多である約29万人(287,747人)に上ることが明らかになりました。東京都でも、2013年からその数は増え続けており、特にこの5年間では1.6倍になりました(*2)。

このような子どもたちをサポートするために全国の自治体では「不登校特例校」や「教育支援センター」の設置が努力義務とされていますが、その設置率はまだ6割程度にとどまっており、また、不登校の児童生徒のうち適切な相談や指導につながることができていない子どもが3割以上にのぼるなど、公的支援が不足しているという課題も見えてきています。

カタリバは、2015年より不登校等児童生徒への支援事業を行っており、近年ではオンラインを通して一人ひとりに合わせた学びや居場所を届ける仕組みを開発、自治体との連携も開始しています。その中で世田谷区とは昨年度から試験的に、オンラインとオフラインを融合した学びのサポートに取り組んできました。

(*1)文部科学省「令和2年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」
https://www.mext.go.jp/content/20201015-mext_jidou02-100002753_01.pdf

(*2)東京都教育委員会「未来を創るかけがえのない子供たちの自立に向けて~不登校の子供たちへの支援のポイント~」
https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/content/files/truancy_and_dropout/point01.pdf

「オンラインルームせたがや」を開設、リアルな場ではつながることができなかった子どもたちにもリーチ

世田谷区は、不登校等児童生徒のための学校外の居場所として、教育支援センター(ほっとスクール)を運営しています。昨年度の連携では、世田谷区が教育支援センターに登録していても、心理的・物理的にハードルを感じてなかなか来ることができなかった子どもたちを対象に、カタリバがオンラインで会話の機会を作ることからスタート。関係性を築いていく中で徐々に教育支援センターにも顔を出すようになるなど、オンラインとリアルを段階に応じて使い分けていくことで、さまざまな事情をもった子どもたちにも前向きな変化が見えてきています。

そこで今回の連携協定においては、サポート対象を教育支援センター登録者の外へと広げ、まだ既存の枠組みではつながることができていない子どもたちへ支援を届けることに挑戦していきます。「オンラインルームせたがや」というオンラインスペースを設け、子どもとの面談や、オンライン学習プログラムの実施、対面支援への接続などを通じて、子どもたちが第一歩を踏み出すサポートをカタリバが担っていく予定です。

連携内容

協定に基づき、下記の内容について連携・協力を進めます。

(1)個別の学習相談(アセスメント等)を踏まえた個別サポート計画の作成
(2)メンターによる学習等支援
(3)デジタルツールを活用した学びプログラムの提供
(4)効果的な支援方法等の開発を目的とした検証

※ その他、本取り組みを円滑に実施するため、実施時期、実施方法、その他の具体的な事項については、双方が協議して定めます。

認定特定非営利活動法人カタリバ

どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

<団体概要>
設立   :2001年11月1日
代表   :代表理事 今村久美
本部所在地:東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
事業内容 :高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨、令和元年東日本台風、熊本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)
URL   : https://www.katariba.or.jp/

問い合わせ

・メディアのみなさま:取材に関するお問合せは下記フォームへご入力ください。
https://www.katariba.or.jp/report/ (担当:カタリバ広報 高木)

・教育関係者、自治体関係者のみなさま:プログラムに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。
room-k@katariba.net (担当:カタリバ オンライン不登校プログラム 白井)