【メディア掲載】東京新聞その他に掲載 ~川崎良くしたい高校生 集まれ 市とNPOが「未来プロジェクト」

2017年11月5日付東京新聞に、カタリバが川崎市と取り組む「川崎ワカモノ未来プロジェクト」について取り上げていただきました。また、神奈川新聞、タウンニュースでも、このプロジェクトを紹介する記事が掲載されています。

「川崎ワカモノ未来プロジェクト」は、川崎市の高校生、川崎市に関心がある高校生やまちづくりに興味がある高校生が集まって、「川崎市」を、高校生ならではの視点でより良く変えていくプロジェクトのことです。昨年度より始まり、今年度は2回目。今年度の参加者は11月23日(木・祝)をスタートに、プロジェクトに取り組み、来年2月4日(日)発表会が行われます。

>>川崎ワカモノ未来プロジェクトの詳細と申込みはこちら

東京新聞の記事では、昨年度の参加者であり、今年度の企画運営者でもある、大学生の水谷涼香さんの取り組みを中心に取りあげていただきました。

水谷さんはプロジェクトについて「自分の思いを人に明かすのは勇気が必要だったけど、カタリバスタッフの大学生と話すうちに本当にやりたいことが何かを考えられるようになった」と話す。現在は「言語表現の楽しさを伝える仕事をしたい」と考えている。(記事より抜粋)

>>東京新聞のWEBサイトに掲載された記事はこちら

>>神奈川新聞の記事はこちら

>>タウンニュースはこちら

>>川崎ワカモノ未来プロジェクトの詳細と申込みはこちら

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。