【メディア掲載】上毛新聞に掲載 ~震災7年 復興に「よそ者」尽力 カタリバ職員・菅野祐太

2018年3月11日付上毛新聞に、認定NPO法人カタリバの職員で岩手県大槌町の復興教育に携わる、菅野祐太をご紹介いただきました。

「被災地出身だからといって、将来優遇されるわけじゃない」。生徒を愛するが故に、時には厳しい現実も口にする。それでも、あの大惨事に負けなかった大槌の子なら、教育大綱に掲げた「想定外や困難に負けず、逆境に立ち向かう人」になれると信じている。(記事より抜粋)

▼記事全文はこちら

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。