【メディア掲載】読売新聞(福島版)に掲載 ~双葉みらいラボ・避難生徒と本音で対話

2018年10月1日付け読売新聞福島版の「ただ今活動中」というコーナで、認定NPO法人カタリバが学習支援等を行なっている 福島県立ふたば未来学園高校(広野町)に隣接する「コラボ・スクール 双葉みらいラボ」を取り上げてくださいました。

カタリバは、2017年6月より双葉みらいラボを発足させ、1年と3カ月が過ぎました。当記事には拠点長である長谷川がインタビューに答えています。

東京電力福島第一原発事故後の2015年より開校したふたば未来学園高校には、避難生活で学習環境を確保できない生徒や、避難先でいじめられた経験をもつ生徒がおります。スタッフは悩みを抱える生徒たち1人1人に向き合い、本音で対話ができる居場所づくりに努めています。

授業の相談で訪れた生徒は、「スタッフは年齢が近く相談しやすい。先輩、後輩ともつながりができて家族のような落ち着きがある」と話す。(記事より抜粋)

▼記事全文はこちら

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。