CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

News

NewsRelease/「カタリバオンライン」の利用を希望する就学援助受給世帯向けにパソコンとWi-Fi機器の無償貸与を開始します

お知らせ

「カタリバオンライン」サービスを使いたくても使えない就学援助受給世帯向けにパソコンとWi-Fi機器の無償貸与を開始します

認定特定非営利活動法人カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村久美 以下、NPOカタリバ)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、休校・外出ができない子どもたちが双方向にやり取りしながら楽しく学べるオンラインの居場所サービス「カタリバオンライン」を、家に端末やWi-Fi環境がないために利用できない、経済的事情から自治体の就学援助を受けている世帯に対し、パソコンとWi-Fi機器を無償貸与する「カタリバオンライン・キッカケプログラム(奨学PC)」を開始いたします。

これまでは実験的な取組みとして10世帯に限定してきましたが、募集人数を100世帯に拡大し貸与いたします。

「カタリバオンライン」について

カタリバオンラインとは、大人と子ども、みんなが集まる無料のオンラインの広場です。web会議システム「zoom」を使用し、双方向でお喋りできる様々なクラブ活動やプログラムを行っています。面白い大人や先輩が英語・音楽・運動などを教えるクラブを開いており、好きなクラスを選んで参加できます。「ホームルーム」「お昼休み」など、フリーにゆったりと喋れる時間もあります。

まずは朝の挨拶から。「今日はどんなふうに過ごす?」「どのプログラムに参加しようか?」と話しながらコミュニケーションを取れるだけでなく、日々の生活リズムを保つことができます。

日中は、面白い大人や先輩が英語・音楽・運動などを教えてくれるプログラムに参加したり、トークルームでゆったりおしゃべりしたり、好きな過ごし方を選ぶことができます。夕方になったら、またみんなで集まって「今日の楽しかったこと」「初めて知ったこと」を伝えあいます。普段は出会えないような面白い出会いが、ここにあるかもしれません。

zoomを使ったカタリバオンライン説明会の様子

カタリバオンラインについての詳細はこちら

カタリバオンライン・
キッカケプログラム
について

●カタリバオンライン・キッカケプログラムとは
新型コロナウイルスの感染を予防するために一斉休校が始まり、子どもたちの学びや居場所はオンラインへと移行しました。あれからおよそ1ヶ月がたちますが、4月から学校再開ができるのかは地域によっては厳しい状況にあり、週末の外出自粛要請を出す自治体も多く、オンラインを活用することがまだまだ続くと想定されます。

しかし、無料で視聴できるオンライン教材がどんなにたくさんあっても、「ネットに接続できない子ども」へは届かないという状況があります。

カタリバオンラインでは、経済的理由で情報機器やWi-Fiなどネット利用環境がないものの「カタリバオンラインを利用したい」という子どもたちに対してパソコン・タブレット等を無償で貸与する『カタリバオンライン・キッカケプログラム』を開始します。

*毎日新聞に取り上げていただいた「カタリバオンライン・キッカケプログラム」に関連する記事はこちら

●カタリバオンライン・キッカケプログラムの特徴
貸与にあたっては、保護者と子どもをスタートアップ研修会に招き、安心安全な利用を支援します。また、学習支援やソーシャルワークをオンラインを活用しながら行います。子どものやる気をサポートしながら、安心して勉強できる家庭環境の構築を支えます。

<キッカケプログラム4つの特徴>
1.子どもたちに対する「デジタルシチズンシップ研修」を提供
2.保護者が子どもを安全にサポートするための「親たちのリテラシー研修」
3.学校再開後も、毎週末にオンライン上で学習支援を定期的に実施
4.困りごとを抱えた家庭に対しては、関係機関と連携しながらソーシャルワークを実施

カタリバオンラインでは、学びたい気持ち・チャレンジしたい気持ちを応援し、「機会」の格差を乗り越えることが出来ればと考えています。

*「カタリバオンライン・キッカケプログラム」は、子どものICT利活用に詳しい国際大学GLOCOM 准教授 豊福晋平さんにプログラム監修のご協力をいただいています。

●貸与するもの
1.chromebook
オンライン会議システム「zoom」をダウンロードし、すぐにカタリバオンラインが使えるよう設定した状態でお届けします。

2.wifi機器
*カタリバオンラインは、9時半〜16時半までつないだ場合、1ヶ月で約45GBを消費します。

●貸与期間
一旦は、5月末までを予定
*社会状況等によって延長する可能性があります

●応募条件
・応募手続きは保護者が行うこと
・お住まいの市区町村で就学援助を受けている小学生〜高校生の方
・子どもが「カタリバオンラインに参加してみたい」と意欲を持っている方
・学校再開までの期間、週2日以上カタリバオンラインの朝(9時30分〜10時)と夕方(16時〜16時30分)のサークルタイムへの参加、それに準じた活動に参加できること。
・学校再開後は、週末に行われるカタリバオンライン・キッカケプログラムの学習支援に参加できること
・採択された場合、親子で「スタートアップ研修会」を必ず受けられる方
  *研修を受けなかった場合は、貸与が取り消される可能性があります
  *遠方の方へはウェブ会議システム「zoom」でオンライン実施します
・貸与機材提供後も保護者・子どもともに連絡がとれ、協力的関係を築ける方
  *利用後にアンケートやグループインタビュー実施を予定しています。
   ご協力いただけない場合、機器の返還を求めることがあります。

●対象
小学生〜高校生のお子さんがいる世帯

●応募方法
・応募条件を必ずお読みください。
・下記URLより、会員登録の上お申し込みください。
会員登録・奨学PC申し込みはこちら
*応募多数の場合、選考を行ったり申し込みを締め切ったりする場合がございます。ご了承ください。

●募集人数
100世帯

●本サービスへの問い合わせ
認定特定非営利活動法人カタリバ
担当:戸田(とだ)
Email:kataribaonline@katariba.net

 


 

認定特定非営利活動法人カタリバについて

どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

<団体概要>
設立   : 2001年11月1日
代表   : 代表理事 今村久美
本部所在地: 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
事業内容 : 高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)
URL   : https://www.katariba.or.jp/