【メディア掲載】岩手日報に掲載 ~「阪神」糧に寄り添う 大槌で中高生学習支援 神戸出身の大串さん~

6月11日付岩手日報で、コラボ・スクール「大槌臨学舎」で働くカタリバ職員・神戸出身の大串勇志を紹介いただきました。

大串は6歳のとき阪神大震災で被災し、避難所生活や仮設校舎で学んだ経験があります。
2013年カタリバに転職し、今年から大槌臨学舎で子どもたちの学習をサポートしています。

>>被災地の放課後学校 コラボ・スクール大槌臨学舎

現在も仮設住宅で暮らす子どもたちの多さを実感する一方で「自身が被災していない子たちは、負い目を感じているのではないか」。阪神大震災発生時に、自宅を失うなどした同級生の状況と、被害が比較的少なかった自身の境遇が重なる時がある。(記事より抜粋)

▼記事全文はこちら

>>被災地の放課後学校 コラボ・スクール大槌臨学舎

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。