【メディア掲載】南日本新聞に掲載 ~熊本地震から2年 仮設で夜間教室 コラボ・スクール「ましき夢創(むそう)塾」

2018年4月22日付 南日本新聞に、被災した熊本県益城町で認定NPO法人カタリバが行なう放課後学習支援コラボ・スクール「ましき夢創(むそう)塾」の取り組みをご紹介いただきました。

Gさんは中2の春に被災。この塾で勉強を続けて高校を受験しました。「仮設はせまいし、テレビの音も気になる。ここは静かで集中できる」と今も通い続けています。
 熊本県ではまだ約3万8千人が仮の住まいで生活しています。益城町には18ヵ所の仮設団地があり、3月末で1261戸に3197人が暮らしています。職員の井下友梨花さん(29)は「仮設に暮らす子どもたちがいる限り続けるつもり」と話します。(記事より抜粋)

▼記事の全文はこちら

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。