【メディア掲載】岩手日報に掲載〜地域課題解決策 大槌町マイプロジェクトアワード

2018年6月29日付 岩手日報で、認定NPO法人カタリバが支援する岩手県大槌町の高校生たちによる、地域課題の解決に向けた取り組みの発表会「大槌町高校生マイプロジェクトアワード」の様子を取り上げていただきました。

カタリバでは、高校生が地域や身の回りの課題を発見し、解決に取り組むことを「マイプロジェクト」と呼び、毎年、全国の高校生たちが集まる「全国高校生マイプロジェクトアワード」を開催しています。

それに先駆け、今年で2度目の開催となった大槌町高校生マイプロジェクトアワード。
町に新しくできた文化交流センター「おしゃっち」にて、コラボ・スクール大槌臨学舎に通う3人の高校生が、集まった約100人の町民の前で自身のマイプロジェクトを発表しました。

佐々木さんは、祖父母が鮮魚店を営んでいたことから地元商店街に興味を持ち、7月のよ市で海産物の販売に挑戦することを発表。「経営を学び、商店街を盛り上げる職に就きたい」と熱弁をふるった。岩間さんは「高校生と高齢者が交流する場所を増やしたい」と意気込み、鎌田さんは「子どもが将来地元に戻りたいと思える企画を考えたい」と目標を語った。(記事より抜粋)

 

▼記事全文はこちら

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。