CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

News

[西日本豪雨]被災地の子ども支援活動レポート④〜「支えられている」という思いを成長の糧に〜

お知らせ

認定NPO法人カタリバは西日本豪雨の被害を受け、2018年7月15日・16日に岡山県倉敷市真備町での現地調査を実施し、17日より現地常駐スタッフを置いて子どもたちへの支援をスタートしました。被災から半年が経とうとしていますが、現地では未だ、みなし仮設住宅や、被災を免れた2階部分で生活を続けるなど、元の生活に戻ることができていない方が多くいらっしゃいます。今回のレポートでは、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンとの協働事業として実施している「岡山スタディクーポン」についてご報告します。


「家が大変そうだから、塾にはいけない」
「みなし仮設は狭くて落ち着いて勉強をする場所がない」
など、被災した中高生から聞こえてきた声です。

認定NPOカタリバは、被災を理由に進学や夢を諦めることがないよう、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンとの協働事業として、西日本豪雨で被災した受験生のための学習支援「岡山スタディクーポン」を実施しています。

84名のクーポン利用者を決定しました。子どもたちは、クーポンを使って自分が選んだ学習塾や通信教育などを利用することができます。年の瀬が迫ろうとしている今なお、避難生活を余儀なくされている子どもたちが、受験に向けて一歩一歩前を向いて歩み続けています。

利用者からの声

スタディクーポンによる支援で、支えてくださる多くの人の気持ちがあることを知り、また志望校を目指して頑張ろうという気持ちになりました

保護者からの声

受験は、被災しようとしまいと避けては通れないものです。被災したからといって、子どもを不利な状況に陥らせたくはない、できるだけ安定した環境で勉強に専念させたい。「親としてどう応援していったらいいのだろうか」と考えていた矢先、地元の新聞で「被災受験生にスタディクーポン支給」という記事を見かけました。

何とかして娘には受験勉強を頑張ってもらいたかった。「クーポンを通じて色々な方に応援してもらっている」ということは、娘の勉強の励みにもなります。

岡山スタディクーポンご報告

利用者

・中学3年生:59名
・高校3年生:25名

地域

・岡山県倉敷市(真備町)
・岡山県総社市
・岡山県岡山市
・岡山県笠岡市
・岡山県小田郡

運営団体

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(事務局)
認定特定非営利活動法人カタリバ


カタリバでは引き続き、豪雨災害を経験した子どもたちが、災害がなかった時と同じように、一刻もはやく笑顔で日常を取り戻せるように、できる限りのサポートを続けていきます。

「西日本豪雨子どもサポート募金」へのご寄付をお願いします

東日本大震災や熊本地震の経験を土台に、現地の状況に合わせた形を模索し、1人でも多くの子どもたちのために、できることから取り組んでいます。一人でも多くの子どもたちをサポートできるように。皆さまのご支援を何卒よろしくお願いします。

▼「西日本豪雨子どもサポート募金」はこちらから

==================

>>【西日本豪雨災害】子ども支援ニーズ調査報告①
 https://www.katariba.or.jp/news/2018/07/17/11617/

>>【西日本豪雨災害】子ども支援ニーズ調査報告②
 https://www.katariba.or.jp/news/2018/07/18/11623/

>>【西日本豪雨災害】子ども支援ニーズ調査報告③
 https://www.katariba.or.jp/news/2018/07/18/11637/

>>【西日本豪雨】被災地の子ども支援活動レポート①通学困難となった生徒のためにスクールバスの運行を開始しました
 https://www.katariba.or.jp/news/2018/08/24/11996/

>>【西日本豪雨】被災地の子ども支援活動レポート② 〜行政・学校・地域・NPO、それぞれの立場の垣根を超えた被災地の子ども支援〜
 https://www.katariba.or.jp/news/2018/10/10/12381/

>>【西日本豪雨】被災地の子ども支援活動レポート③ 〜東北での体験を胸に。東日本大震災を経験した元中学校教員による教員のための「被災生徒の心のケア研修」〜
 https://www.katariba.or.jp/news/2018/10/17/12483/