相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄とは、遺産相続を放棄することをさしており、マイナスの資産も放棄することができます。そのため、被相続人にプラスの資産よりもマイナスの資産(借金など)が多かった場合に、相続放棄されるケースが多くなります。

相続放棄の注意点

相続放棄をする場合に知っておきたい注意点が2つあります。1ひとつは、相続放棄した場合は法定相続人に約束されている最低限の遺産を受け取る権利である遺留分の対象から外れることです。

もう1ひとつは、相続放棄を申し出ることができる期間が限られていることです。その期間は、自身が遺産相続を受け取る権利があると知ってから3ヶ月以内とされています。

【他の遺贈に関する記事を読む】

遺贈寄付とは?〜あたらしい社会貢献の形
相続とは?〜誰に?どれくらい?税金は?
遺贈件数と遺贈金額の傾向
遺贈に前向きな人は増えているのか?
遺贈先として注目される活動分野 TOP 5

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。