遺贈義務者とは

遺贈義務者とは

遺贈義務者とは、遺言のとおりに遺産の引渡し等を実行する義務を負っている人をさし、平たく言えば被相続人の財産を引き渡される人をさします。

相続の場合は、法定相続人が遺贈義務者にあたります。

遺贈の場合は、法定相続人以外の第三者(受遺者)に遺産が引き渡されるため、受遺者相続を受け取る第三者が遺贈義務者となります。遺贈のように第三者に遺産が引き渡される場合はトラブルを避けるために、相続人全員から就任の承諾を得た遺言執行者を立てることが一般的とされています。

【他の遺贈に関する記事を読む】

遺贈寄付とは?〜あたらしい社会貢献の形
相続とは?〜誰に?どれくらい?税金は?
遺贈件数と遺贈金額の傾向
遺贈に前向きな人は増えているのか?
遺贈先として注目される活動分野 TOP 5

1日33円〜の寄付で、子どもたちの未来が変わる

「未来は、創れる」子どもたちが、そう信じられる社会をつくりませんか?毎月の寄付で教育活動を支援する、「サポーター」を募集しています。