CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

KATARIBA マガジン

【台風19号 長野県長野市支援】10/19(土)-20(日)長野市の被災地にて子どもの見守り・遊び支援ができる方(経験者に限ります)募集

vol.098Voice

date

category #代表のつぶやき

writer 今村 久美

今週土日長野市の被災地にて、
子どもの見守り・遊び支援ができる方(経験者に限ります)募集

活動時間:19日(土)13時(集合は10時)~19時、20日(日)10時~19時
集合場所:10時にJR柳原駅(長野駅から電車で15分)
募集対象:子どもの見守りや遊び支援の経験者の方で両日参加できる方
———————————————
申込みフォーム
https://forms.gle/3pgWy3tXJNFXZ5Y2A
———————————————

台風19号の被災地は広く、できることは限られていますが、カタリバでは現在全国3チーム(宮城・福島・長野)がそれぞれの判断で、調査や支援に取り組んでいます。

私は長野市長沼&豊野チーム。調査した結果、やはりこれまで見てきた複数の被災地でも起きた「子どもの居場所がないことへの不安」というニーズが顕在化していました。

突貫立ち上げですが、できることをみんなでできるだけやろう。昨晩、長野市教委の協力を得て発信した被災家庭への子どもの居場所ニーズアンケートは、数時間で約70名の申込みが来て、いまも増え続けています。

■アンケートに寄せられた被災した保護者の声
・復旧作業で子どもに手がかけられないため不安になっている。
・共働きで家の片付けもあり、今は復旧を手伝わせているが、感染の問題が心配で、避難所で一人で過ごさせようと思っている。
・実家にお世話になっているが、慣れない暮らしに親も疲れてきて、衝突するようになってきた。
・浸水した住居のお手伝いやこれから仕事も始まるが、低学年の子どもを自宅で留守番させるのは不安がある。
・避難所の治安が心配。
・子どものストレスがたまってる。
・妹のアパートに避難しているが、作業中は子どもだけ避難所にいる。保護者が間見てくれるとありがたい。
・学校が再開できないため、家屋の片付け中の昼間子どもたちがいる場所が欲しい。
・乳児と小学生がいるので家の片づけが進まない。
・自然豊かな地域に住んでいるため、子どもの友達が周りに少なく、遊びに行くにも親の送迎が必要。休日友達同士が仲良く遊んだと言う話を学校で聞いては、とても羨ましがっている姿を見ると心が痛い。休日そういう施設があればいいのにと思う。
・共働きで帰りが遅いため復旧作業に子どもが関われないし危険なので預かって欲しい。

緊急時なので、できることは限られていますが、今週土曜から近隣の方々と協力し、みんなでつくるコラボ・スクールを開催することにしました。こういうときこそ、社会教育の力が試されると、つくづく思います。

公設ではないので、手作りでできることしかできません。

現在は、近隣の方々をたどって、ドラクエのように仲間を集めて歩いています。被災していない、避難所利用もされていない場所を、先約していた方々から譲っていただき、ひとまず場所を確保。告知ルートも確保。という綱渡りですが・・

なにせ毎日変わる状況の中で判断しているので、仲間がほしいです。

わがままを言いますが、子ども支援の経験者の方、主に小学生の遊びをプロデュースできる方を探しています。
まずは今週土日、お待ちしています。

活動時間:19日(土)13時(集合は10時)~19時、20日(日)10時~19時
集合場所:10時にJR柳原駅(長野駅から電車で15分)
募集対象:子どもの見守りや遊び支援の経験者の方で両日参加できる方
———————————————
申込みフォーム
https://forms.gle/3pgWy3tXJNFXZ5Y2A
———————————————

今回は体育館で開催しますが、保護者ニーズはイベント的開催よりも続く日常、毎日の支援を求めています。泥かきも片付けも、どれだけやっても終わらないからです。

私としては、大きな施設にみんなを集めるというよりも、長沼・豊野の近くで、子どもたちが保護者送迎で行ける場所で、塾でもNPOでも、様々な方による社会教育の受け入れの選択肢を保護者の方々に提示し、選択していただける形を目指したいと思っています。長野市内や近郊で、こんな場所があるよ、というどなたかをご存じの方、情報もお待ちしております。

Writer

今村 久美 代表理事

79年生まれ。岐阜県出身。慶應義塾大学卒。NPOカタリバ代表理事。ここではゆるくつぶやいていきます。

このライターが書いた記事をもっと読む