CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

KATARIBA マガジン

転機ー中日新聞コラム「紙つぶて」より[代表のつぶやき]

vol.062Voice

date

category #代表のつぶやき

writer 今村 久美

一九九八年に特定非営利活動促進法(NPO法)が成立しました。私の転機でした。

それまで 公共は行政が担い、民業は利益を追求するものだと思っていましたが、第三の選択肢ができまし た。民間でも公を担い、ロマンのある仕事ができる。約四年後の大学在学中、女性二人で、のちにNPO法人となる「カタリバ」を起業しました。

私たちはロスジェネ世代。列の最後尾で雑巾がけをした先に、どんな幸せがあるのか見通せず、当時、自分の存在価値に迷う人がたくさんいました。 私のNPO起業も利益追求の企業に対抗したように受け取られ、先輩世代からエゴイスティックな甘えとか、左翼的だと言われました。

大学生が高校に赴き、車座になって高校生と語り合い、進路などを考える教育プログラム「カタリ場」をつくり、運営を始めました。事業が軌道に乗り、自分が一般の初任給程度の給与を得るのに五、六年かかりました。

起業から十八年、十代の若者を社会とつなぐ事業を展開し、今は職員が百四十人。やっとエゴだと言われなくなりました。

自信を持てない十代の問題に取り組む傍ら、震災で家族を失った子ども、貧困・虐待などの課題を抱える家庭で生きる子ども、学校に行きたくても行けない子どもにも出会ってきました。常に解決策は一つではありません。私が見えるものをこれから綴っていきます。

(2019年7月4日中日新聞夕刊掲載)

次の記事を読む

Writer

今村 久美 代表理事

79年生まれ。岐阜県出身。慶應義塾大学卒。NPOカタリバ代表理事。ここではゆるくつぶやいていきます。

このライターが書いた記事をもっと読む