CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

RECRUIT

正職員

大槌高校魅力化

全国から大槌高校の生徒を募る「はま留学」企画・生活支援コーディネーター

岩手県・大槌高校の新入生を全国から募集する地域留学制度「はま留学」の全国募集から、「はま留学」によって町にやってくる生徒の生活サポート・地域住民との接続まで、一気通貫で携わる担当コーディネーターを募集しています。

今すぐエントリーする

この職種で働くスタッフ

  • 菅野 祐太

    早稲田大学教育学部を卒業後、リクルートキャリアに入社。 祖父母宅が岩手県にあった縁もあり、東日本大震災を機に、2011年、大槌臨学舎の立ち上げに従事する。一時、リクルートキャリアに戻るも、2013年にカタリバへと転職し、大槌臨学舎の統括担当として勤務。2017年には、大槌町教育専門官として行政へと出向。2019年より大槌高校カリキュラム開発等専門家として高校に常駐。現在、DISCOVERドメインのテーマ推進を担当。文部科学省「コミュニティ・スクールの在り方等に関する検討会議」委員。内閣官房長官主催「こども政策の推進に係る有識者会議」臨時構成員。

  • 岩持 友也

    1990年、岩手県雫石町出身。高崎経済大学地域政策学部を卒業後、岩手のテレビ局に入社し、東京支社営業部へ配属となる。その後、国立大学の入試課職員として入試改革や広報活動に携わり、民間企業へ転職。主に岩手県・青森県の高校にて進路や探究学習の講師、高校向けの営業を3年2か月経験した後にカタリバへ入職する。現在は大槌町教育魅力化事業にて、県外から大槌高校に進学した生徒の生活支援員として、校内外から留学生をサポートしている。

  • 東谷 いずみ

    1994年、岩手県大槌町出身。東北福祉大学福祉心理学科卒業後、2016年より宮城県石巻市で復興支援員として被災地支援に従事。2018年5月にUターンし、釜石ローカルベンチャー(起業型地域おこし協力隊)に所属しながら翌年ゲストハウス開業。2021年よりカタリバへ入職し、地元大槌町で取り組まれている大槌町教育魅力化事業にて、県外から大槌高校に入学した生徒の生活支援に携わる。

募集の背景

東日本大震災により被害を受けた岩手県大槌町。カタリバはこの地で、10年以上にわたり教育支援に携わってきました。2011年12月に、子どもたちが集える居場所として「大槌臨学舎」の運営をスタート。そして、2019年度からは、大槌高校の「高校魅力化プロジェクト」に着手しています。

大槌高校では、震災前は100名以上いた新入生が、2019年度には42名まで減少し、存続が危ぶまれる状況でした。町内で唯一の高校である大槌高校は、町の担い手を輩出する「地域振興の核」でもあります。学校と地域が協働することで、生徒にとっても・保護者・地域にとっても「魅力ある学びの場づくり」を目指す取り組みが、高校魅力化プロジェクトです。

このプロジェクトの一環で、2020年度にスタートしたのが、大槌高校の新入生を全国から募集する地域留学制度「はま留学」です。生徒数の増加はもちろん、新たな人間関係による教育的効果、関係人口の増加等につながる施策として、町を挙げて取り組んでいます。

実際に、2021年度に1名、2022年度には6名入学(入学者の10%)、現在は計7名の生徒が首都圏等から留学し、地域に新しい風を吹かせています。大槌高校の入学者数は、2019年度の42名から、2022年度には60名まで増加しています。

今回、この「はま留学」の全国募集から、「はま留学」によって町にやってくる生徒(以下、留学生)の生活サポートや地域住民との接続まで、一気通貫で携わる担当コーディネーターを募集することになりました。大槌の地で、新たな時代の希望と幸せをつくるこの取り組みに参画する意欲をお持ちの方のご応募をお待ちしています!

*大槌高校のホームページは[コチラ]
*大槌高校「はま留学」の紹介ページは[コチラ]

仕事内容

主に、下記2つの業務をお任せします。

・「はま留学」で県外等からやってくる高校生の生活サポート、地域住民との接続
・「はま留学」の募集・企画業務

「はま留学」で県外等からやってくる高校生の生活サポート、地域住民との接続

「はま留学」で町内に下宿している留学生(現在7名)の生活サポートや地域住民との接続を通じて、子どもたちの意欲と創造性を育むための伴走を行います。具体的には下記の業務等です。

― 下宿先での子どもたちの生活サポート
留学生たちが起床してから登校するまで/下宿先に帰宅してから就寝するまでの生活サポートを担当。親元から離れて、慣れない環境で生活する高校生たちの不安に寄り添い、心身共に健康で留学生活を送れるように伴走します。

― 先生や保護者との連携
大槌高校の先生たちとの関係性構築、留学生支援のための連携を担当。また、必要に応じて、留学生たちの状況や様子について保護者の方と連絡を取る場合もあります。

― 地域住民とのイベント企画や地域プロジェクトへの伴走
留学生たちが大槌町に溶け込めるよう、地域の方々とのつながりづくりを担当。月1回ペースでの交流イベントの企画、留学生たちの興味・関心を起点としたプロジェクト支援などを行います。

「はま留学」の募集・企画業務

大槌高校への進学を選んでもらえるよう、「はま留学」の制度設計・提案や募集企画を担当します。具体的には下記の業務等です。

― 「はま留学」の制度設計・提案
町と留学生と双方にとって、「はま留学」をより良い制度にするための企画業務を担当。例えば、留学生への助成をどうするか、どのように下宿先を増やしていくか等を検討し、大槌町の教育委員会や議会に対して提案・説明を行います。

― 留学生の募集企画
全国から留学生を募集するための企画業務を担当。母集団形成のための広報・PR活動、学校説明会やオープンスクールの企画・実施、個別面談や大槌町への来訪の対応、入試関連業務など一連の募集業務を一気通貫で担います。

仕事のやりがい

生徒が地域に根づいていくために、学習から生活まで伴走できる点が魅力です。子どもたちに最も近いところで関わり、ナナメの関係を築き、一人ひとりの関心や志向に沿って地域社会と接続させていく、留学生にとってなくてはならない大切な役割です。

また、町の未来をつくる教育政策を、行政と一緒につくりあげていける点もやりがいです。教育委員会の方と打ち合わせを重ねながら、企画・立案から決裁を得るまで一気通貫で担当することができます。

最後に、教育だけでなく地域・町づくりに携われるやりがいがあります。「はま留学」によって地域が活性化されるために何ができるか、自分自身も大槌町の一住民として、留学生と共に町の未来を描いていきましょう。

スタッフの1日

勤務時間は、早シフト、遅シフト、朝夜シフトの3パターンがあります(詳細は、募集要項内「勤務時間」を参照)。早シフトの場合は、留学生たちが起床してから登校するまでの時間、遅シフトの場合は、留学生たちが下宿先に帰宅してから就寝するまでの時間、下宿先で留学生たちと一緒に過ごします。留学生たちが登校している日中は、スタッフも大槌高校内でカタリバが運営する大槌臨学舎で勤務します。1日のスケジュールは変動的ですが、一例(平日)を紹介します。

●ある日のスタッフの1日
― 07:00 始業、下宿先に到着、起きていない生徒への声掛け、体調不良等ないか確認
― 07:45 生徒出発見送り
― 08:00 遅刻や欠席をする生徒について、下宿先・保護者に状況連絡
― 08:30 高校到着、教育委員会との打合せ資料作成
― 10:00 教育委員会での打合せ
― 12:00 ランチ休憩
― 13:00 スタッフ同士で留学生の近況共有、タスク確認
― 14:00 総合的な探究の時間の学年打ち合わせ
― 15:00 留学生と地域住民のイベント検討
― 16:00 公営塾「大槌臨学舎」に通う中学生と面談
― 16:30 終業

求める人物像

  • 「地域留学」「地域活性化」「関係人口創出」「越境」「探究学習/PBL」などのキーワードに関心がある方
  • 教員とは違った立場から高校生のサポートをしたい方
  • 行政や学校と連携し、教育・町づくり政策に携わりたい方
  • 自身も地方・地域での暮らしに関心のある方
  • Uターン・Iターンを希望している方

求めるスキル・経験

  • 大槌町または近隣地域へ生活拠点を移すことが可能な方
  • 全国から集まる留学生に対して親身に、根気強く伴走する意欲のある方
  • 先生、保護者、行政職員等の多様な関係者と積極的に関わり信頼関係を築ける方
  • 詳細は募集要項をご確認ください
今すぐエントリーする

募集要項

  • 雇用形態

    正職員
    ※業務委託・非常勤職員などのご希望があれば応相談

  • 募集職種

    「はま留学」企画・生活支援コーディネーター

  • 配属部署

    大槌町教育魅力化事業

  • 配属部署の体制

    大槌町教育魅力化事業には、大槌高校魅力化チームと大槌臨学舎チーム、あわせて10名が所属しています。今回、参画いただく新メンバーは、大槌高校魅力化チーム内の「生活支援チーム」に配属されます。大槌町や岩手県出身のメンバーと、県外から移住したメンバーの比率は概ね半々です。

  • 勤務地

    岩手県上閉伊郡大槌町
    ・留学生の下宿先
    ・大槌高校内、大槌臨学舎

  • 勤務時間

    主に、下記3つのシフトパターンを組み合わせた勤務となります。
    (1)早シフト:07:00~16:00
    (2)遅シフト:11:00~20:00 または 12:00~21:00
    (3)朝夜シフト:07:00~08:00 + 13:00~21:00 ※週1日程度

    ※いずれも休憩1時間を含む
    ※チームメンバーと相談しながらシフト調整します

  • 給与

    想定年収 320~400万円
    ※ただし、当社規定により経験・能力を考慮し、面接・面談後に決定

    月給 22万円~
    (45時間分の時間外手当として5.9万円~を含む/超過分は別途追加支給)

  • 待遇・福利厚生

    ・賞与は業績に応じ年1回支給
    (過去3年、給与の2ヶ月分以上を支給/初年度は勤務月数により変動)
    ・昇給は半年に1回、人事考課により決定
    ・社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
    ・産育休制度
    ・通勤手当(上限3万円)
    ・帰省にかかる費用の一部補助(地方拠点のみ対象)
    ・セミナー、研修参加サポート
    ・先進事例視察研修
    ・健康診断、インフルエンザの予防接種
    ・専門家によるオンラインカウンセリング
    ・屋内禁煙
    ・副業も可能です(内容に応じて要相談)

  • 働く環境・職場の雰囲気

    ・服装は自由です
    ・役職は付けずお互いにあだ名で呼び合うなどフラットな社風です

  • 休日休暇

    完全週休2日(金土休み、または、日月休み)
    ・夏期休暇(3日)、年末年始休暇(5日)
    ・慶弔休暇、産休・育休、看護・介護休暇
    ・有給休暇、新規入職者に対する特別休暇

  • 契約期間

    有期雇用(3年)
    ※3年後の面談で双方問題なければ無期雇用に転換または延長いたします

  • 応募資格

    <必須>
    ― 大槌町または近隣地域へ生活拠点を移すことが可能な方
    ― 全国から集まる留学生に対して親身に、根気強く伴走する意欲のある方
    ― 先生、保護者、行政職員等の関係者と積極的に関わり信頼関係を築ける方

    <歓迎>
    ― 教育現場(学校、学習塾、NPOなど)での活動経験
    ― 地域コミュニティの活動に主体的に参画した経験
    ― 対行政の業務経験や、行政連携プロジェクトの経験

  • 採用予定人数

    1名

  • 選考プロセス

    ▼書類選考
    ▼一次面接(採用チーム)
    ▼二次面接(事業責任者など)+Web適性検査
    ▼現地面接
    ▼最終面接(代表理事・事務局長)
    ▼内定

    ※平均3~4回の面接を経て内定となります
    ※基本的にはオンライン面接ですが、選考プロセスのなかで一度、配属予定の拠点にお越しいただくことが多いです
    ※選考期間は概ね2〜4週間程度です。候補者の状況によって、最短2日にまとめて実施するなど希望に沿ったアレンジも可能ですのでご相談ください

今すぐエントリーする

OPENING JOBS募集職種一覧

RECRUIT EVENT採用説明会

もっと見る

カタリバ採用LINE@で最新情報を!

最新の求人や説明会情報、カタリバのことを知っていただける
イベント情報やインタビュー記事を配信しています!

友だちに追加

採用に関してご不明点がある場合は、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム 採用に関するよくあるご質問