CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

KATARIBA マガジン

[寄付について]企業から子どもへの寄付・CSR活動(2)

vol.024Donation

date

category #寄付情報

writer 編集部

■目次
1. NTTドコモ(docomo)の子ども向け寄付・CSR活動
スマホ・ケータイ安全教室
2. KDDIの子ども向け寄付・CSR活動
高校生向け スマホ de 防災リテラシー
KDDIスマホ・ケータイ安全教室 (青少年向け講座) 出前講座
3. トヨタの子ども向け寄付・CSR活動
トヨタ・子どもとアーティストの出会い
4. 富士フイルムホールディングスの子ども向け寄付・CSR活動
死別を体験した子ども達のための写真プロジェクトを支援
本を通じて子ども達に夢を育む活動
アジア地域での教材提供活動
ものづくりの基本を指導する職業学習
5. ブリヂストンの子ども向け寄付・CSR活動
ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール
6. コマツの子ども向け寄付・CSR活動
「こまつの杜教室」小学生・幼保育園児を対象にした理科教室

様々なCSR(企業の社会的責任)の中で、子どもへの寄付・CSR活動を行っている企業を紹介します。

NTTドコモ(docomo)の子ども向け寄付・CSR活動

NTTドコモ(docomo)が行っている子ども向け寄付・支援のCSR活動をご紹介します。

(1)スマホ・ケータイ安全教室

2004年7月からスタートした「スマホ・ケータイ安全教室」は、スマートフォンを使用することで起こるトラブルを未然に防ぐことを目的に、今までに約71,000回、無料で開催されており、のべ約1,072万人が受講した実績があります。この取り組みは、消費者教育教材資料表彰2018で優秀賞を受賞しています。

KDDIの子ども向け寄付・CSR活動

KDDIが行っている子ども向け寄付・支援のCSR活動をご紹介します。

(1)高校生向け スマホ de 防災リテラシー

KDDIが実施している「高校生向け スマホ de 防災リテラシー」は、スマートフォンを使って実際に情報のやり取りをするグループワークを通して、スマートフォンを使用した情報発信や受信時に注意すべきことを学ぶことを目的に実施されています。そのほかにも、災害時を想定してスマートフォンをどのように活用することが有効なのかについても学ぶことができるようになっています。高校生には、一人一台のスマートフォンが配布され、災害時にどのように情報を集め、避難や救助が必要な場所を特定する内容となっています。

(2)KDDIスマホ・ケータイ安全教室 (青少年向け講座) 出前講座

「KDDIスマホ・ケータイ安全教室 (青少年向け講座) 出前講座」は、小学校低学年向けコース/小学校中学年〜高学年向けコース/小学校高学年〜中学生向けコース/中学生〜高校生向けコース/保護者向けコースの5つのコースが用意されています。

トヨタの子ども向け寄付・CSR活動

トヨタが行っている子ども向け寄付・支援のCSR活動をご紹介します。

(1)トヨタ・子どもとアーティストの出会い

2004年〜2016年まで実施していた「トヨタ・子どもとアーティストの出会い」は、子ども達がアーティストとの出会いを通じて多様な価値観をみとめ合う力や豊かな感性を育むことを目的に全国15地域の87校で実施され、約8,000人の子ども達が参加した実績があります。ダンサーや現代アートのアーティストなど、普段は触れ合う機会が少ない方と子ども達のふれあいを従事した取り組みをおこなっていました。

富士フイルムホールディングスの子ども向け寄付・CSR活動

富士フイルムホールディングスが行っている子ども向け寄付・支援のCSR活動をご紹介します。

(1)死別を体験した子ども達のための写真プロジェクトを支援

「死別を体験した子ども達のための写真プロジェクト」は、FUJIFILM UK Ltd.がイギリスで実施している支援です。11~25歳までの遺児に対してインスタントカメラを寄付しています。寄付されたインスタントカメラを使用して、自分たちの肖像画を撮影した子ども達は、それらの写真を通して「友情」「孤独」について話し合います。

(2)本を通じて子ども達に夢を育む活動

富士ゼロックスハイフォンがベトナムで行なっている子ども向けの寄付活動として、2016年にスタートした「本を通じて子ども達に夢を育むプロジェクト」は、小学校への本の寄付を行っています。この活動を通して、子ども達が広く学び、自分の夢を持つ機会を提供しています。2017年は、貧困地域の子ども達に勉強道具セットも寄付しています。

(3)アジア地域での教材提供活動

富士ゼロックスは、2014年からフィリピン、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシアなどのアジア地域で、子ども達の教育格差をなくすことを目的に、教材提供活動を実施しています。この活動は、2023年までに10万人の子ども達へ教材配布することを目指しています。

(4)ものづくりの基本を指導する職業学習

富士ゼロックスアドバンストテクノロジーは、日本の子ども達に職業学習の機会を提供しています。2015年度からは、横浜にある特別支援学校で職業学習の支援を行なっており、2016年度には「はまっ子未来カンパニープロジェクト(横浜市教育委員会主催)」にて発表した実績があります。

ブリヂストンの子ども向け寄付・CSR活動

ブリヂストンが行っている子ども向け寄付・支援のCSR活動をご紹介します。

(1)ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール

2003年から始まった「ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」は、子ども達の視点から見た自然の絵のコンクールとなっています。

コマツの子ども向け寄付・CSR活動

コマツが行っている子ども向け寄付・支援のCSR活動をご紹介します。

(1)「こまつの杜教室」小学生・幼保育園児を対象にした理科教室

石川県小松市にあるコマツ旧本社建屋を再現したわくわくコマツ館/わくわくコマツ2号館で行われている「こまつの杜教室」では、小学生・幼保育園児を対象にした理科教室を開催しています。体験して楽しく学ぶことをコンセプトに、コマツのOBが講師役を務め、子供たちが理科・科学・ものづくりに興味を抱くきっかけとなるような、様々な授業を行っています。

2011年5月に開園したこまつの杜は、理科教室以外にも建機に触れるイベントや自然観察などのプログラムなどが数多く開催されており、人気を博しています。来園者数は年々増え続け、2017年度末までに累計38万人以上の人が来園しています。

▼関連記事

企業から子どもへの寄付・CSR活動(1)

子どもへの寄付実績
子どもへの寄付の形〜寄付金以外の方法〜

Writer

編集部 編集部

KATARIBAMagazine編集部が担当した記事です。

このライターが書いた記事をもっと読む