CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

KATARIBA マガジン

災害時の子ども支援ー中日新聞コラム「紙つぶて」より[代表のつぶやき]

vol.065Voice

date

category #代表のつぶやき

writer 今村 久美

私が代表を務めるNPO法人カタリバの事業の一つに、PTGという事業があります。
ポスト・トラウマティック・グロース、つまりPTSDの対の考え方で、トラウマ体験を通じた成長を意味します。
教育環境に大きな影響が出る災害が起きた時、現場に駆けつけ、子どもたちの支援活動など、教育復興の取り組みを行います。

昨年七月の西日本豪雨災害。子どもたちにとって教育環境がどうなっているか。そうした情報は現地に行かないと、分かりません。すぐに岡山県倉敷市の真備町地区に行ってみると、悪い予感が的中し、現地で見た光景は、空から津波が降ってきたような状態でした。

災害は平穏な場所を一瞬にして被災地に変えます。行政の人たちは自身の生活再建と同時に、市民の緊急対応に疲弊します。どうしても乳幼児や高齢者、医療やハードの復興が優先され、学齢期の子どもたちへの支援は後回しになりがちです。

私たちは、皆さんから託された寄付を財源に、NPOという民間組織だからこそできるニーズに合った一直線の子ども支援をします。この四月から、企業や行政と事前協定を結び、災害に備える取り組みを始めました。社内で併走する貧困支援やキャリア教育のチームとともに、知見を日頃から研究し、いざという時に対応できるよう備えています。

(2019年7月18日中日新聞夕刊掲載)

次の記事を読む
前の記事を読む

Writer

今村 久美 代表理事

79年生まれ。岐阜県出身。慶應義塾大学卒。NPOカタリバ代表理事。ここではゆるくつぶやいていきます。

このライターが書いた記事をもっと読む