CLOSE

認定NPO法人カタリバ (認定特定非営利活動法人カタリバ)

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-66-3
高円寺コモンズ2F

お問い合わせ

Copyright © KATARIBA All Rights Reserved.

KATARIBA マガジン

未来の学校はどのようなものであるべきか[代表のつぶやき]

vol.254Voice

date

category #代表のつぶやき

writer 今村 久美

戸田市と連携した不登校支援について、ハフポストさんの記事で取り上げていただきました。

【前編】
不登校の子には「メタバース登校」の選択肢を。認定NPOカタリバと埼玉県戸田市教委が連携協定
【後編】
「子どもの不登校で、仕事を辞めた」。支援するNPOが親のサポートも重視する理由

—-

私がこの事業にかけた一番の想いは、後編下記の部分です。

room-Kの取り組みは現状、不登校になってから個別に学習計画・支援計画を作るという仕組みになっていますが、そもそもはじめから、全ての子どもにその選択肢があるべきだと思います。学校に子どもが合わせるのではなく、子どもごとの多様な学び方の集合体を先生がファシリテーションしている場を学校と呼ぶ、というか。

すでに子どもたちは1人1台の端末を持っているのですから、学ぶということを学級の教室に座ってみんなと一緒に行うか、それが苦しくて不登校になるかの2択ではなく、そもそも学びを子どもたち個々に合わせていけるはずです。
全員が同じ進度で学びを進めると、極端に勉強ができる子も、できない子も両方がしんどい。
オンラインであれば、教材や先生は学校外にもたくさんあります。全ての学びを学校の中で調達する必要もなくなります。教室で学ぶ子もいれば、オンラインで少し早い進度で学ぶ子がいたり、ゆっくり学ぶ子もいてもいい。

先生は授業をする役割を担うのみではなく、ファシリテーターになって、個々に合う学びをコーディネートする。 一方で、グループワークや係の活動、学校のルールを考えるために集団で助けあい、支え合う、議論する、トラブルと向き合う、協調するという、集団ならではの学びは、学校の担う大きな役割だと思います。

先生はファシリテーターとして、もっとそれらにフォーカスできるようになるのが理想だと思います。

▼関連記事
不登校児童生徒への学習機会と支援の在り方について要望したい2つのこと[代表のつぶやき]
「不登校児童が過去最多」との調査結果を受け、緊急セミナー開催! 学校に行くことができない子どもや家族の現状と課題とは

「不登校のいま」を知る。オンラインを活用した不登校支援の試みとは?不登校支援DXプログラム活動報告会

Writer

今村 久美 代表理事

79年生まれ。岐阜県出身。慶應義塾大学卒。NPOカタリバ代表理事。ここではゆるくつぶやいていきます。

このライターが書いた記事をもっと読む